Latest Entries
Danmark / travel

In Denmark, love in Denmark :)

<デンマークに着きました。&毎瞬が美しくて毎瞬愛しすぎて胸が幸せと喜びで張り裂けそうです♡おぉデンマーク、あなたはなぜデンマークなの♡> Smell of ginger and butter cookies with sharp and clean under-note of deep forest. Just in the moment I arrived in Copenhagen, I noticed how I much I love this city(and its smell) soooo much. Quietness and calmness of the city, too. (Especially,the quietness is so special and unique for me. I can’t explain … Continue reading

India / travel

お茶をもっと知りたい、もっと味わいたい、もっと楽しみたいという思いに導かれて一人でインドまで来てしまった。 

お茶をもっと知りたい、もっと味わいたい、もっと楽しみたいという思いに導かれて一人でインドまで来てしまった。 「お茶の何が知りたいのか?」、実はよく分からないでいる。 お茶のビジネスがしたいのか、お茶を創りたいのか、ティーソムリエになりたいのか。 お茶の冒険家、お茶の熱狂家、お茶文化研究家、何か言葉やかたちで考えるとどれも違う気がして。 今日、紅茶の生産を少しだけ手伝わせてもらった。 難しかったけど、楽しかった。 で、思った。 私はお茶が好きなんだなぁと。 ガーデンでの生育の様子や、実際の生産の様子を見たり、お茶の知識に触れたり、実際に飲んで楽しんだり、そしてそこに関わる人たちの美しさ。 ひとつどころに絞れないけれど、それでいいんだな。 だってどれも好きなんだもん。 こうしてこれからも、色んなお茶を味わったり、新しいお茶を発掘したり、お茶に関わる人たちの暮らしや文化を知ったりして、「お茶」をまるごと楽しんでいこうと思う。 写真はお茶の新芽(1つの芽の部分とその下の2枚の若葉という最も若い部分を摘むの)を熟練のスタッフさんが手で揉んだ茶葉。真ん中の赤ちゃんな若葉とだいぶ大きさが違うでしょう? 手摘みの茶葉に手揉みのローリングetc、全て人の手によって行程が仕上がっていく様子を見ているのは本当に胸がトキメキマス(⋈◍>◡<◍)。✧♡ Continue reading

India / travel

<ボヘミアン・トライバル・ヒッピーテイストのマキシドレスを探している方にはインドは最高かもしれないと思った午後>

<ボヘミアン・トライバル・ヒッピーテイストのマキシドレスを探している方にはインドは最高かもしれないと思った午後> インドにいるのにインドに居る気がしないハルカちゃんです。 今日はモールに連れて行ってもらったのですが、お洋服たちが素敵すぎて! 民族衣装を着る人が圧倒的に多いからか、パンジャービドレス(と言うの?長めのチュニックにベルボトムorニッカボッカorレギンスを合わせた着こなし)がメインの様ですが、 モダンにデザインした/普通のマキシドレスの形や、映画に出て来そうな美しいデザインの形のドレスも、ファストファッションブランド(多分)やデザイナーブランドから出ていて、それがまた可愛いのです! と言うのも、タッセル、ポンポン、刺繍、ミラーが、裾・縁・腰紐・大きく空いた背中に縛って垂らす紐などについていたり、ドレスの生地そのものにパターン模様がついていたり、素材もコットンからモスリン、シルク混など様々! で、そんな滅茶苦茶凝ったデザイン・詳細・生地だけれど、一着五千円以下(ほぼ三千円以下)! マキシドレスを着たいけれど、腕や肩を出したくないというコンサバな方+ボヘミアンなヒッピーな雰囲気のドレスを探している方は、インド旅行はとっても楽しめると思います! あと、スパイスミックスや乾燥豆類もすごく豊富で安いので、料理好きな方には天国かも! (マンゴーパウダーやオーガニックウィートグラスパウダー、デーツシロップなどロースイーツやスムージーを愛する人にもおすすめ♡!)   Continue reading

black / blue / food / green / herb / tea / travel / whiite

<<お茶が可愛くて美味しくて、もう💓&お茶に関わる人たちが美しくてカッコよくてもう💓な話。 &あわよくばこれを読んでいる貴方をお茶好きにしてしまおうと0.01ミリほど企んでいる話>>

<<お茶が可愛くて美味しくて、もう💓&お茶に関わる人たちが美しくてカッコよくてもう💓な話。 &あわよくばこれを読んでいる貴方をお茶好きにしてしまおうと0.01ミリほど企んでいる話>> ひそかに大いに憧れている友人からご紹介頂き、ダージリン近くの西ベンガル州はロチャンティーのラジブロチャンさんとそのご家族の皆様のもとにお世話になっております。 ロチャンティーではダージリンを中心とした世界のお茶、また、文字通りゼロから創り出したフル・オーガニックの自社農園で生産をしているブランド・ドックティーを扱ってらっしゃるのですが、昨日はそのドックティーの農園に連れて行って頂きました! (ナチュラルコンポストがありました、自然の循環^^) 西ベンガルの隣・ビハール州に位置する彼らの農園のある地域は農作物が育ちにくいと言われていた地域ですが「やってみたらどうだろう?」とラジブさんが数年の年月をかけて土の改良や灌漑作業(と言うのかな?)をほどこし、今では茶の木が一面に青々とし、茶の畑に影を創る木々がところどころに植えられていて、色鮮やかで大きさも様々の蝶々が舞い、蜥蜴たちが木々で遊び、そこにまた美しい鳴き声・華麗な姿の鳥たちがやって来て、まるで楽園の様でした💛 (そしてもちろん、牛たちもおる。牛、カワイイ♡) そして、お茶のピッキングから生産の様子を見せて頂きました! ・・・もう、胸がキュンキュン~!!! 摘みたての小さくやわらかなお茶の新芽も、赤ちゃんみたいに輝いていて超可愛いし、 人の手によるお茶作りがこだわりのドックティ、昔ながらの石臼釜を用いての萎凋と呼ばれる乾燥の行程を施すと、フレッシュな茶葉のお茶の香りが! そしてその後、晒にその茶葉をくるんで手でもむハンドローリングを行い、太陽の下でしばらく自然乾燥。 その時には既に、あのベイビーグリーンたちが、お店で見かける茶葉の形になりつつあるではありませんか! フレッシュな青々しい香りは次第に落ち着いて… ・・・この大興奮を文字で表現できないのが非常に悔しい。。。 大好きなお茶の、生まれたて赤ちゃんの姿から、人の手をかけてお茶になっていく姿・・・ 「お茶を作る」、いえ、「一杯のお茶を飲む」ために どれだけの時間と労力と人が関わっていることか! どれだけの美しい物語が紡がれていることか! どれだけの美しい「瞬間の芸術」が隠れていることか! もーーー、書きたいことが沢山ありすぎてまとまりません・書ききれません。 作家力を磨きたい! それは置いといて! そこで茶摘みをする女性たちがこれがまた、美しいのですよ! 極彩色のサリー、金や銀のジュエリー、 赤いヴィンディー、ジェットブラックの流れる長い髪 …が、彼女たちのダークブラウンの肌にこれまた映えるのです! そのジュエリーは先祖代々のものなの?ひとつひとつに意味があるの?とか、今になって聞きたいことがわんさか浮かんでくるのですが、その場ではも~~ぅ、彼女たちの美しさに見惚れて、 ただ「なんて美しいの!キュン!!!」って心を奪われっぱなしだったのでした。笑 早朝朝露の消えないうちから仕事を始める彼女たち、大きな網に茶葉を入れて茶摘みをしているのですが、フルに摘むと20キロ以上になるそうで、休憩後の1時間でわんさと摘んでらっしゃいました! 経験のなせる技ですな! お茶を育み、摘み取り、作る。その「茶葉」だけにフォーカスしても、これだけの美しい瞬間があるのですから、私たちの手元に1杯のお茶が届くまでには、素晴らしい物語が紡がれ芸術が隠されているという訳なのです! さて、農園で行われていた彼らの緑茶の行程の続き、また彼らの一押しであるドックティーのブラックフュージョンの生産の様子を見させてもらう予定です♡ やん!楽しみ!! ※ちなみに彼らのブラックフュージョン、落ち着いた甘さがほっこりキュンとします💛 ダージリンファーストフラッシュがベビーピンクやペールパステルカラーのドレスを着て、白やミントグリーン+ゴールドを基調としたホテルやカフェでのドリーミィなアフタヌーンティというイメージなら、 ブラックフュージョンはフューシャピンクや真紅のドレスを来て、黒やダークブラウン&ロイヤルレッドを基調とした落ち着きながらもパンク感・ヒップ感のある欧州のホテルやレストランでティーパーティに合う、そんな印象です。 (話題は恋愛や人生や、何であれディープな感じ) お茶と言えば、ティーバッグで飲むとか、ボトルで飲む、という方が多いかもしれませんし、 イングリッシュブレックファーストやアールグレイと言った、ブレンドティーを好まれる方が多いかもしれませんが、 こうした単一の産地で生産されたお茶・シングルオリジンティーを、自分の手でゆっくりと淹れてみると、また違ったお茶の味わいを発見するいい機会になるかもしれませんよ♡ そしてやはり、お茶を急須やポットで淹れて飲む事や、シングルオリジンティーが初めての方には、是非是非!美味しいお茶を味わってほしい💓 という事で、ロチャンティーのこだわり・フルオーガニックで手作りの「ダックティー」とてもおすすめです!!! (というか、お茶そのものもなのですが、彼らが素敵でカッコよすぎて、それもあって超絶お勧めしたい) (ファミリー皆カッコよすぎるのだけれど、やはり思う。一流の人はこう、全てにおいてスパンスパンスパン!としているよね!そして途方もなく優しいよね!) (思考に無駄が無い、常にフォーカスしているという事なのかなと思ったりしています) (お茶も人生も日々勉強と経験あるのみ、地道にポジティブに積み上げて行こう、と思う日々でごじゅある) ・・・私が紹介するお茶、「言うても日本で買えへんやんか!」というお茶が大半だった気がしますが、ロチャンティー・ダックティーは何と日本でも味わうことが出来るのですー(⋈◍>◡<◍)。✧♡! こちら、ロチャンティージャパンさんのページ: → https://www.lochanteajapan.com/   Continue reading