Nepal / steps of life

久々惚気シリーズ♡/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-72

久々のろけシリーズ! ラッセどんがますます優しくてうれしいこの頃です♬ お水どこと言えばボトルを探していっぱいにして持ってきてくれるし、お洗濯の帰りにはハルカが好きと思ってとほうれん草キッシュやニンジンケーキを買ってきてくれるし、ハルカが喜ぶと思ったからとこれまた大量にラブラブグッズを買ってきてくれるし、ずぶぬれの寒い屋外では寝袋とテントを乾かしてハルカが寝てねと用意してくれるし(代わりに自分はたき火の外で夜通し丸くなって起きて)、 いっつも手をつなぐことや、抱擁すること、 何によらず小さないろんなことを 「ハルカが心地よく過ごせるようにと思って」と 気にかけてくれるのです、もきゅ~(。・ω・。)ノ♡ 初めてのバックパック旅暮らし&カルチャーショックもあって日々びーびーしているからかもしれないけど、その気持ちを汲み取ってくれるのが嬉しいのです^v^💓 むきゅむきゅ(⋈◍>◡<◍)。✧♡ Continue reading

Nepal / steps of life / travel

ネパールでカルチャーショックを受けています/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-71

先週からネパールにいます。     好きになろう、いいところを見つけようとしてもそれを圧倒するストレスのほうが多くて、もやもやがたまっていってついに爆発してしまった。    身ぎれいにすること、 お気に入りの靴を履くこと、 ティーポットでお茶を淹れること、 料理をすること、 野菜と果物をたらふく食べること、 (美味しいバナナ)、 2人きりでぬくぬく完璧にひきこもること、、、 そういった自分を幸せにする小さなことが出来なくて、 いや、 全然違う環境だからって「なくてもきっと大丈夫」って 我慢して・諦めて、 だから日々の小さな「あぁ幸せ♡はぁ~好き♡」が無くなって。     上下左右常に気を張っていないと歩けなくて 排気ガスと粉塵とガスか何かの異臭に 不協和音のバイクやクラクションが常に街に満ちていて 好きなはずのお散歩も のどの痛みと嗚咽感で2キロと歩けない。 鳥小屋みたいなトイレはただでさえ清潔とは程遠いのに みんなの使い方がひどすぎて この世の終わりみたいな汚れ方をしていて 魂を吸い取られそうだし トイレに併設されているシャワーは 基本お湯は出ない。   すべてに圧倒されて感覚がマヒして、 自分が何を感じているのかわからなくなって。 そうしたら自分のことも好きって思えなくて、 鏡に映る自分がすっごい不細工で絶望して。 自分のことも好きじゃなければ なんでラッセといるのか、 ラッセのことが好きなのかどうかもわからなくなって ネパールに至ってはもう何もわからん。    だから 日々の幸せ感を呼び戻そうと 自分専用のティーポットを買いに出かけたけど、 道に迷って車に引かれそうになって バイクに突き飛ばされそうになって においと粉塵で気持ち悪くなって帰宅せざるをえず、 ティーポットひとつも買えない、 自分が何もできないように感じて。     出会う人たちは本当に素敵な人ばかりなのに 私はトイレとか道を歩くとかそんな根本的なことを 不満に思ってグチグチしていると思うと 自分が取るに足らない存在に思えて なんだかすべてがいやになって … Continue reading

steps of life

旅を目前にお金や愛(や、主にお金か。)についてぼんやりしていました❤/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-70

<支離滅裂な投稿> 旅に向けて旅の事を考える≒予算≒お金のことをぼんやり思ったりすることが増え、自分のお金に対するスタンスが見えてきてビックリしたりしています。     どうも私は「自分でお金を稼ぐのはクールじゃない」 と思っている節があった様なのです。 「貢がれたい」 「愛する人に養われたい」 というのもちょっと違くて (勿論ウェルカムだし超嬉しい♡) (「僕、頑張るから!」とか言われると超惚れる♡) (てか嬉し過ぎて思い出す度胸がきゅるるん♡ありがとう>v<♡♡) 「何も持たずすっぱだかなのに、  なぜか悠々自適にのほほん♡と生きている」  というのに憧れます。                迷惑をかけずにスマートに生きる、というのも 私の中ではクールではなくて むしろ、 言葉に語弊があるやもですが 「沢山の人に助けられながら・迷惑かけながら生きたい」 と思っている節がある様なのです。      「私は何も持っていないが、 素晴らしい人たち・世界中にに愛されているので すっぱだかでも生きていけるのです」 という様なスタンスがクールだなと思っている様なのです。                まぁそこまでは可愛らしいものだなと 思うのですが、更にいえば 「だから私は自分では稼ぎたくない」 「自分で稼ぐのは可愛げがない」 「お金を持っていたら、自立していたら助けてもらえない」  「私が自立したら殿方から可愛がられなくなっちゃう!」 「私は何も持って居たくない」 って思ってた様なのです。  やん、書いてて恥ずかしくなってきた。。。             … Continue reading

steps of life

ブログに書くことがありませぬ。❤/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-69

最近、いつからかしら? ブログを書く気になれないというか ブログに書くことがありません。 これまで心情やおもうことを沢山つづっていた気がするけれど それをする気も起きなくて。   というより、書くほど「思う事」がない、というのかな。 正確に言うと、心患うことや悩むことがない、というのかな。   在るときから こんなに小さい頃から、 それこそ当たり前すぎて気が付かなかった位 大好きで常に飲んできたお茶への愛について、ちょっとづつ書き表していこうと思い立ち ブログのお茶シリーズを書き始めたら これが思いのほか 私の中のお茶好きの想いに火をつけたというか 灯りとともしたというか 何だか日々、お茶のことを考える時間が増えて じわじわ、じわじわと 何だかすごく奥底から 幸福感がにじみ出てくるようなそんな感じ。   それから ここでの今の暮らしも。 下町というのかな 人が割と少なくてのんびりしている地域で でも人々はとてもフレンドリーで気さくに話しかけてくれたりして。 公園がご近所だけで6つもあって それもまたのんびりとおおらかな気持ちにさせてくれる。 その公園には猫ちゃんたちが住んでいて 呼びかければ立ち止まり 話しかければ「ニャー」と会話に乗ってくれる 優しい猫ちゃんたち。 ちょっといったところに大きい公園があるからか 野鳥たちも沢山いて 美しい声で鳴いている。 (沢山の種類の野鳥たち、小学生の頃は名前をしっかり憶えてたのだけれど!) 何より ここの住まいのファミリーたち。 もう家族みたいだよね、って話しててね。 たまたま集まっただけだけど 世界の片隅から ここ東京の片隅の一軒家に集まった若者たち。 毎日絶対顔を合わせて小話が始まって 夜は夕飯からのおしゃべりタイム 土日はみんなで長いブランチをしたりして♪     何かが自分の中で変わると上書き保存されちゃうから 前にどんな風に思っていたかを忘れてしまうのだけど 嗚呼、すごく愛されているなぁ、愛されていたんだなぁ、全て愛だったんだなぁ って 思感じることが沢山あって 自分の中の 「愛されたい、もっと愛して」とかね … Continue reading

steps of life

30歳になりました❤!/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-68

30歳の朝は何とも不思議な夢を見ました。 どこかで闘いか何かをして終えて、青空の下に立っている私(ハルカじゃない私)を 同じく私(ハルカじゃない私)がスクリーンか何か越しに見ている、という夢。     夢から覚めた時に、内容は覚えていないけれどとても幸せな心地がして どうしてだろうと思ったら、気が付いたのです。     ・・・私、ずっと望んでいたものを今、手にしている。 望んでいたものを、今、生きている。 いや、 実はずっとそうだったのかもしれない。         夢がかなった時って、「ぎゃああああああ!うれしくて昇天する~!!!」 っていう至上の悦びの時もあるけれど、 多くの時は、小さな日々の延長線上にあるから、 夢が叶っていることに気が付かなかったり もうその状態が当たり前になっていたりするんだよね。 気が付いたら、辿り着いていた、みたいな。     何とも不思議な幸福感で 心臓の・みぞおちのあたりからやさしくてふわふわとしたあたたかさがあふれでて 自分を包み込んでいるような感覚に包まれているのです。 上手く言葉に表せないのだけど、ふわっふわの大きなあったかな絹の繭の中にいて 同時にその大きくてあったかな絹の繭を抱きしめている感じ。   とても心地の良い幸福感で この感覚が気持ち良くて嬉しくて あぁ~幸せ♡ あぁ~なんて心地いいのだろう♡と、 しばらく自分を抱きしめてゴロンゴロンとしていました♡     こんな感覚に頂かれ・溢れながら30歳をスタート出来るのがとても嬉しい♡       でね、先に「もう叶っていることに気が付いた」と書いたけれど 何が課と言うと 「理想の生活」というものなの。   沢山項目はあったのだけど 「~~という、心穏やかな生活」と書いた訳なのです。     そう、心穏やかな生活。     お茶を飲んでまったりして 好きな人とお互いにお互いの巣になる様なあったかな関係を築いて 美味しいものを食べたり美しい自然や芸術に触れたり・・・ … Continue reading

steps of life

最近のわたしたち♪/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-67

さて空飛ぶ引きこもり系現代脳恋う採集遊牧民なハルカちゃんですが、 都市化の波に押され、夏は遊牧・冬は都市にて出稼ぎをする モンゴルかどこかのシーズナル遊牧民よろしく ハルカちゃんたちも 春からの遊牧再開に向けて カントリーオブ・ライジングサンの国と カントリーオブノースウィンド&ヴァイキングの国にて シティーライフを満喫しております!     ハルカはここ数か月 数年ぶりに社会復帰・働いています♪ 働くのが超イヤ・大嫌いだったハルカちゃんですが その理由を掘り下げて、 「でも、存外そんなことはないんじゃないか?」 と仮説を立ててみたり 環境・人・内容など 「ならば、自分はどんな風にいたいのか?」 と ひとつひとつ掘り下げて それに合う・もしくは正反対に エイヤッと飛び込んでみたりしています。       おかげさまで 主に語学・海外関係の仕事を中心に 様々な仕事をして 色んな職種・環境・人たちの中で 働かせてもらっておりまする♪@   嫌の理由をひも解いて 仮説を立ててみると不思議なもので 自分がどんなことなら熱くなって どんな人たちといると楽しくなって どんなペースだと心地よいのかが 少しづつ分かって参りました❤! そして新たな発見も。   それは 「存外私は、『楽・ラク』よりも『楽しい』の方が大事で、 その『楽しい』は、 自分には少しハードルが高すぎること・ 自分では「無理だ・・・」と思うこと、 けれど 「・・・でも、挑戦してみたい」 と思う事」 ということ!   つまり、ラクであるより、 例え仕事の下準備で明け方までかかろうとも 自分の何かに火をつける チャレンジングなことの方がいい、 ということ。   … Continue reading

steps of life

冬佳さんのシェア会のシェア会❤/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-66

『冬佳さんのシェア会のシェア会に行って来ました❤ ありがとうの気持ちと「ある☆/よいところ♪」に目を向けること、 ””らぶらぶ♡にぐふぐふ♡生きる””に自信と安心が持てました、むふふ笑❤』 (後記:)あぁぁ~~ん、書ききれない! みなさん、沢山の染み入ることばと素敵な時間をありがとうございました!   …….     ・・・シェア会から半年、 昇天昇華を続ける冬佳さんから 「皆さんの近況はいかが?」と半年後の近況の報告会♪   ・・・あれから半年、一文無しになったり 起きたら幹線道路の路側帯だったり(!) 勘当されたり 一文無しになったり(二度目^^;;) 何だか報告出来る様な進捗が出来ていない気が・・・ でも冬佳さんやみんなに会いたいから行こうっと♪と 内装が可愛らしいカフェへ♡     そうしたらなんとゲストがお二方♡!! 優しさあふれる文章を綴ってらして お会いしてみたいな~♡と思っていた 慧梨香さんと 昨年の今頃、私たちの 「無資金無計画無方向性の旅」の際に 助けの手を差し伸べて下さった 浜松幸さんが いらっしゃるではありませんか!!! わぁ~い、嬉しい~~♡♡   お金、ブランディング、愛について等 5人で濃く~♡お話を致しました♡♡♡ …………………… 幸さんがいらした前半は お金やブランディング・マーケティングのお話や その根底の本心・本質のお話♪ ・・・実は正直 「私、冬佳さんや皆みたいに成長してない・・・」 「ゲストのお2人もいるのに、報告出来る様な結果出てない・・・」 って思ったのですが・・・ でも幸さんに 「ここに来てるってだけですごいじゃん!」って言って頂き、 安心して半年間の失敗談たち(?)と 半年間の内面の変遷をお伝えすることが出来ました! 半年前まで・いえつい秋口頃までは 「マネー――――!――ぷりぃ―――――ズ!」と お金にデスパレートして とにかく貰うことしか考えてなかった!   でも、 友達のことばや ラッセの頑張りを傍でみて、初めて … Continue reading