invited/ people / invited/info,things / invited/love / life / love / steps of life / thoughts / Visit?

リレーションシップが与えてくれたもの。「埋める」と「産める」の原動力の違い。自我の目覚めを丁寧に拾っていくこと。

最近感じていることがあって、つい先日ふと、色んな思いがどんと目の前に現れた。 その最近感じている事というのは、前にも書いたかもしれないけれど、 「愛も豊かさも願いも、欲しいものは全てもう既にあって、何でも叶う・制限なしに実現する。ならば、その上であなたは何がしたい?どう生きたい?」 という事を、これから生きていく上で・何かをする~小さな選択のひとつひとつに~問われている気がする、という事。     私のこれまでの多くの行動の原理は、 恋がしたい・恋人がほしい・恋人と一緒にいたい つまり、恋愛やリレーションシップが行動の下であり、掲げる旗となっていた。     そのために ・世界に飛び出たり移住したり ・語学を身に着けたり ・舞踊を身に着けたり (”アーティスト”という肩書があれば、多少変なひとでも「彼女はアーティストだから」とカモフラージュになるかも、という思いもあった) ・旅しながら暮らす算段をつけたり して来た。 恋愛の原動力とはパワフルなもので、 実際に今もそれらを活かして暮らしている。     だが、同時に 原動力がパワフルな分、手に入れてしまうと、次に掲げる旗なり 生きる指針なり、やりたいことが無くなってしまった様に感じ、 同時に、気が付かない程度にごくわずかづつ、 自分がうっすらうっすらと消えて行く様な感覚もあった、気力、というのかな。     でもでも、同時に、恋愛やリレーションシップが私にもたらしてくれたものも沢山あって、 場所関係無く暮らせること エコロジカルでオーガニックなライフスタイル サバイバルスキル笑 旅暮らしの仕方 タフであること、強くあること オープンでいることやフレンドリーであること ポジティブであることを 私に授けてくれた。 もちろん、愛し愛される喜びや幸福も。 沢山の世界をのぞくことが出来、 それによって自分にとって何が心地いいのか・好きなのかを 知る事が出来るのも、やはり、リレーションシップがあったからだった。 欲しいもののために、行動したりスキルを身に着けてきた、と思ったけど 実際にはそのスキルを身に着ける事が出来たことも含めて、 リレーションシップが私にくれたもの・私を成長させ変えてくれたことが はるかに大きい。   私には、無くてはならないものだと思う、この先も。           で、最初に戻る。   … Continue reading

life / love / thoughts

旅立ち。

ネパールでの時間、 デンマークでの時間、 そして今。   ラッセはカリフォルニアはサンフランシスコへ旅立った。 長年の夢を叶えるために。 何がきっかけだったか分からないけれど、 出発の前日の電話は二人とも少し、センチメンタルになって泣いてしまった。   ここに書き記さなくても、自分たちの胸の中にあるから 日記としてかかなくたっていいのかもしれないけれど この時の気持ちや言葉を留めておきたかった。 ここから未来へ歩いていくために。     自分でもずっと不思議だった。 恋人のふーちゃんが、他のひとのことも好きなことは 全く気にならないけれど、 ラッセに他に好きなひとが出来たらって想像したら とても寂しいような悲しいような気持になることが。 お互いがお互いへの愛に深いところで確信があって、 だから誰を愛そうとも、 お互いへの愛は変わらないと思っていても・知っていても、それでも。       これからは自分の気持ちを自分で整理していかなくちゃ、 だからラッセに頼るんじゃなくて、自分で答えを見つけなくちゃって思ってた。 でもどう考えても分からなくて、 この気持ちを伝えないでラッセをカリフォルニアに送れない、 そんな気持ちがして、打ち明けた。   もう、何度も言うけど本当に双子過ぎて、なんだかおかしくなっちゃうくらい。 ラッセ自身も、嫉妬と言うものを殆ど持っていないし 私に他の好きなひとが出来ても、それでいいと思っていたと。 私たちが深めてきたお互いへの愛、共に過ごした時間、交わした言葉、築いた愛情。 けれど一方、他の誰かに私が抱かれるのかと考えると いてもたってもいられない様な気持ちになるし、 本当は考えたくもない、そんな気持ちになるという事。           それでも、私たちはそれを受け入れて行かなくてはならない流れにある事。   だから、今は、その湧き上がってくる思いを ただ、見つめて受け止める事。         この先、お互いに好きな人も出来るだろうし、恋人や 人生のパートナーとなる様な人も見つかるかもしれない。   … Continue reading

life / love / thoughts

秋の日のつびゃき

以前は「受付可能」ですら超頻繁に連絡があったのに、「受付中」にしてから一件も問い合わせが無いカウチサーフィン。 何でだろう?寂しいぞ! 世界のイケメンよ、どうしたのだ! 今や15人くらいは余裕で眠れるスペースがあるというのに! まぁ、もうすぐお友達も日本にやって来るし、ゆるりと待とう♫  そしてラッセどんは数日後には長年の夢をかなえるべくカリフォルニアへ。本人にとっては至って普通の事だけど、それを普通と思えるのがやっぱりすごいなと思う。 冒険家や探検家や旅人というよりも、賞金稼ぎや山師?博打打ち?文字通り命も賭けたギャンブラーと言った方が本人を表している気がする! 十数年、いや数年後にはリアル山賊王というか、山の王者とかなってる気がするお… 普通、と言われる生き方が自分には出来ないと知っているから、では自分がしたいこと・生きたい暮らしのために必要な事・出来る事を、迷いなく真っすぐに熱量でもって淡々とすることが出来るのがすごいなぁと尊敬する、いやぁ~、イイ男だよぅ♡!惚れるね! 今既にこんなにいい男だったら、私くらいの年になったら、イイ男が過ぎて、人間じゃなくなっちゃうんじゃないかと心配な位。(←なにそれ・笑) しかしちと寂しいな! 次に会うのはいつになるんだろう? お互いに数か月後すら真剣に、どこにいるか分からないから、どこで会おうと言えない・全く計画が立てられないのがまたをかし! 中国一緒に来てくれればいいんだけれどなぁ~! まず何より、二人とも無事にピンピンと生存しています様に! (←そこか!いや、そこだよね。) 何にしても次に会う時には、私も更にいい女になって再会したいな♡ (屈強でタフでサバイバルな女度数は間違いなく上がってるな!ポカホンタスやで!) Continue reading

life / love / memo

好きな女性、好きな言葉

好きな女性:パリスヒルトンちゃん、紗栄子師匠 好きな言葉: 「知性、名誉、財力、そんなものは私が全て持っています。 殿方はただセクシーで美しければそれだけで結構。」 byジャンヌ・モロー (つまり「イケメンは可愛ければ良し!」って事ですな♫) ……………….. 美輪さんの本を読んでジャンヌ・モローと彼女の言葉を知ったのだけど、彼女の言葉って女性はどこか共感するものが多いのではないかしら? こんな美しい言葉を紡げるのは、美しい人生を歩んできたからなのでしょうね・・・♡ 素敵♡ 以下素敵と思った彼女の言葉をまるちょん名言/名言掲示板さんから引用: ………………… ・「ひとをよく知るには、その人と寝てみるのが一番じゃないかしら」 ・「私は生まれてからずっと好きな男を惹き付ける自信を持って居たわ」 ・「恋のときめきが無かったら、ただ生きている昆虫と変わらないわ」 ・「失恋から回復中じゃない限り、いつも恋をしているわ」 ・「大恋愛は一度では無く、幾度となくするものなのよ」 ・「60歳の男が20歳の女と一緒になってもみんな驚かないのに、 何故逆だと驚くの? 彼が若い女と暮らしたら『よくやった!』と褒めるのよね。 何故若い男が歳とった女と暮らしちゃいけないの?」 ・「あるとき私は、恋する男と一緒にベッドに入り、 目覚めたら知らない男が隣にいた。 ヒステリックにならないイギリス人は、 そういったことをこんな風に表現するのよ。 『ある朝の紅茶はいつもと違う味がした』ってね」 Continue reading

culture / Danmark / life / love / thoughts

人を好きになるという気持ち

フランス人は日本の不倫叩きがフシギだ 浦島太郎を実感することのひとつがこれ! デンマークではオープンリレーションシップのカップルによく会ったりします。 当人同士が話し合えばいいんじゃない? 人間だもの、恋のひとつやふたつするわいな。 多分、バッシングする人たちは、すっごく寂しいんだろうなー! ちょっとだけ気持ちが分からなくもない! ハルカもね、ラッセがインドの女の子にムフムフしてた時、「私の方が美人で可愛いじゃん!か弱きハルカをほっぽっとて何たるざまなの!」ってメッチャ腹立ったし、構ってもらえないのに八つ当たりしてコンピュータを雨の中投げ出したこともある(←勿論壊れた。バッシングしてる人たちの事言えねぇ!) で、ラッセと話し合って分かったのが、インドの女の子はダミーで、ラッセが私に愛を注いでくれてない・構ってくれないのが、寂しいのが嫌だったんだよね。更に言えばそれすらダミーで、ラッセばかり見ていて自分で自分の気持ちを蔑ろにしてた・自分が自分を大切にしてなかったし信じてなかった。 それなのに/それだから、誰かに愛してもらうこと・信じてもらうことが必要って思ってたんだよね。 怖かったんだよね、自分を愛してくれる人がいなくなっちゃう、みたいな。 (あとね、パートナーがいるのに、誰かに恋しちゃ駄目だって思ってたの。や、恋してもそこに踏み込んじゃいけない、そしたらラッセを傷つけるかもしれないし、この関係が破綻しちゃう!って思って怖がってた。) (でも恋多きハルカちゃん・というかイケメンに弱いハルカちゃん。ラッセに恐る恐る伝えたら、 「なんだー!僕の事気にしてたの?好きなら仕方ないじゃん!やりたい様にやったらいいのに!」、 「僕に気遣って悶々してるハルカよりも、僕は思いのままに生きてるハルカが見たいし、そんなハルカの方が魅力的だと思うな!」 ってあっけらかんとした回答。) で、色々と時を経て、今は大分、自分で自分の色々な事を許しているというか、自分に対して「まぁいいんじゃない♫」って思えるようになったし、自分の欲や望みに対して忠実になった。(そして恋人ができた。) そしたら、恋人が誰か別の人の事も好きなのも、当たり前に受け止められる様になったんだ。 むしろ、恋人が相手の事を、すっごく大事に受け止めているのを見て、嬉しいなって思うの。 (ユリアの事すごく大事にしてるんだね、と言ったら、 僕、ハルカの事もとても大事にしているよ、とてもね。と。) 自分で自分を大切にしていると、相手も想像を超える様な位に自分を大切にしてくれるし、 相手が大切にしていることも、自分のことみたく大切だなって思えるようになってくる。 というか、 相手の自分への愛に、自分の相手への愛に自信があるから、誰の事を好きになっても構わないって思えるんだと思う。 うーん何が書きたいのか分からなくなってしまった笑! 自分の中で何かへのジャッジやバッシングで苦しい(とは感じないのかもしれないけど)人は、そのジャッジの対象はダミーで、自分と向き合って・もっと自分を見て・自分を信じてという、自分自身からメッセージと思って、 自分の寂しい気持ちを受け止めて、自分にまるっとオーケーを出せる様になっていったら、生き易くなるんじゃないかな~と思った次第!!! Continue reading

love / memo / just something / culture / Danmark

じゃじゃ馬馴らし。ふと思った事。

ふと思ったんだけど、 欧米圏だけか分からんけど、 男の子って、じゃじゃ馬ッ子が好きなんだなぁ~って思った!     「あの子、めちゃくちゃだよね!」とか 「無茶するなぁ!」と言う様な子とか 「何をするか分からない、ミステリアスだなぁ」という子とか 要するにほっとけない子。       ほっとけない、という意味では 「俺が手を差し伸べてあげないと、、、」って思わさせるような ナイーブさを持ち合わせている子もそうだし、 周りを巻き込むパワフルでアクティブな子も。     要するに、 「この子のためなら」って 男の子の騎士精神に火をつけちゃう様な子。         という事を、ふと、 ノルディックボーイズやヨーロピアンボーイズたちと過ごしていて思ったのでした。         (ちなみに私は「ムーラン/ポカホンタスみたい」って言われるよ) (見た目似てるだけじゃなくて?と思ったけど) (アクティブなところが似ているそうな) (私は彼女たちの様な義侠心は持ち合わせてないが!) (どこまでも自己中心だよ・笑) Continue reading

life / love / steps of life / thoughts

欲しかったもの、は、もうここにいてそれに包まれていた事に気が付いたら。

元サヤに戻る、という言葉があるけれど、やっぱりラッセといるのは心も体もすごく自然で、むしろ自分の一部みたいだと、1月離れた後に戻って、改めて思う。 恐れから自分を手放してしまった事、それで最も恐れていた一人になる事・インドに行く事事になった事。 でも、一人になって体験したのは、自分の想いの及ばぬほどの愛だった。 お互いが、同じあたたかくて優しい、愛しい気持ちを、お互いの中に感じている事。 見つめ合うと流れ言って包み込む、この感覚。 この感覚・この気持ちがあれば後は何も要らない、そう思った。 次に会うのは日本か中国、はたまたカリフォルニアか。 心から愛し合う人がいるのは、何とも心強い事だろう。   ・・・・・・・・・・・ ずっと、愛を求めていた。 愛されることを、深く深く愛されることを求めていた。 フライト前日に卒倒した夜、もう既に、そんな愛に包まれて生きていた事、 いや、生かされてきていた事を身をもって感じた。 自分が望んでいた以上の、想像だにしなかった 愛する人たちからの愛情。 ずっと欲しかったもの。 「これさえあれば」と思っていたもの。 もう、私はその中に生きている。これからも。   もっと恋願っていたものの中にいる喜びに静かにあたたかに浸りながら、 じゃ、これからどんな風に行きたいだろうと考えた。   「愛する人と身体的にも一緒にいたい・一緒に生きたい」 「同時に、好きな事をし、好きなところに行き、好きなものをみたい」   やはり同じところに行きつく、シンプルなこと。 私、愛する人といるためにって、無意識のうちに自分を抑圧してしまう事があったけれど、 これからはね、 愛する人たちと一緒にいながら、 自分がしたいことや行きたいこともしていける気がするんだ。 むしろ、愛する人たちと一緒に・・・💝     「日曜日の夜は、ハルカの新たな誕生日だったね」って 友達に言われたけれど、多分本当にそうだと思う💝   ・・・・・・・・・・・・・・   私小さい頃から強運だけは本当に抜きんでてすんばらしく良いのだけど、 ここのところまたそれがとみに加速してきています。 今度の強運は何かというと、人との出会い運。 こんなことしたい💝って思うと、 私がビビる位の人との出会いがダイレクトにやってくるの。   で、デンマークに戻ってからはたちが悪いというか・笑 ずっと憧れていた本人とか、雑誌やテレビ番組のナレーターになっちゃうような いわゆるその業界の準大御所とかに出会っているのだけど、 出会った時には本人って全く気が付いてないとか、 本人が素性を明かさず、単に素敵なイケメンとしてしか付き合ってないから 後で へっ?! なんか大口叩いちゃった様な! 知った顔してぺらぺら話して、恥ずかしや~ とビックリするという訳なのです。 … Continue reading