black / blue / cloud funding / food / green / herb / Nepal / tea / travel / whiite

Nepali Tearoom in NY, Teafresho cloudfunding ;) !!

Nepali tearoom in NY, Teafresho (↓日本語は下に。ネパールのお茶のクラウドファンディングです^^) Dear my friends(。・ω・。)ノ♡! Hey, do you love tea? Then read it 😉 ! hm, you’re coffee person? Still read it please 🙂 !! My favorite tea lounge Teafresho in Kathmandu is going to open their 3rd lounge. This time, the location is in NY!! in Brooklyn 🙂 ! Probably … Continue reading

food / green / Nepal / tea / travel / whiite

Passive vegan &緑茶と白茶の飲み分け

<消極的ヴィーガンへ&緑茶と白茶の飲み分け>   ヒッピータウンもとい湖の町からナマステ・胃が絶不調のハルカちゃんです。 大学生位まではベジタリアン寄りのアリガタリアン 禿元彼といたころは楽しくストイックなローヴィーガン その後ゆるヴィーガン、ベジタリアン、時折ベジタリアンと経て ラッセといる今はコノイソワ・美食系アリガタリアン(雑食大食い系アリガタリアンともいえる) が! ここ最近の胃の不調で、どうやらお肉がめちゃくちゃ胃腸に負担がかかっているのと (どうしてわかるかって? は、恥ずかしくて言えない・笑!) 乳製品が受け付けられなくなってきているのとで (ある程度食べると下痢が起きる) お肉・乳製品・卵を食べない/野菜や果物・ナッツ類を常食とするヴィーガンに 戻りつつあります。 ついでに、 数日ほぼココナッツウォーターのみだったのですが、 それに慣れてきたら、これまでみたいに食べられなくなってしまって 腹6分目ライフになっております。   思うに、ある程度年齢高めのヴィーガンの人たちって、 環境や倫理面、健康・美容といった観点からのみならず 実は私みたいな消極的理由からヴィーガンの人も多いのでは?         で、お茶。   緑茶は、石灰の多い硬水で淹れると、香りがものすごく飛びやすいけれど、 消化を助ける働きがあるみたいで、緑茶と共にご飯を食べると 胃もたれが起きにくい!!! そんな訳で最近は緑茶さまさま・ブログでも紹介したサンダクプグリーンという緑茶ばかり飲んでいます。     対して白茶は、そこまで消化を助ける、という効果は感じないけれど やはり香りが良く、またあっさりと飲めるので、ご飯時以外によく飲んでいます。 硬水で淹れても香りがそこまで飛ばないというのも、イイ!   デンマークの水は硬水なので、白茶をしこたま仕入れて帰ろうと思います!       …やはり私は、緑茶や白茶の様な、重くなくシャープ過ぎず、 さっぱりクリーンな味わいと華やかな香りのお茶が好きだなぁ!   Continue reading

food / Nepal / tea / travel / whiite

vol.37 [Mustang/special white leaf tea] by Tealaya/ティーラヤのスペシャルリーフティ「ムスタン」(白茶)

(In English below ↓) 「Joy and tranquility of a cup of tea ♡ 一杯のお茶の香りと味わいに宿る・歓びとやすらぎ♡ お茶愛好家の友達が増えたらいいなシリーズ・vol.37」 <摘みたての新芽のかたちと色がそのまんま! TEALAYAのスペシャルリーフティ「ムスタン」(白茶)> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 引き続きイラムを大プッシュ! (イラムについては過去記事を読んでみてね!) 今回はカトマンズの中心部・タメル地区に店舗がある TEALAYAのお茶。 TEALAYAのお店は、「Nepal Tea and Coffee Centre」という名前で 外国人観光客向けホテルやレストランが立ち並ぶタメル地区にあります。 店舗では中国茶器や可愛らしいティーポットなども買うことが出来ます。 TEALAYAのウェブサイトを覗いてみると、彼らもお茶に対して 強い情熱を持っていることが分かりますね! そして彼らもデンマークが主な輸出先なのだとか。 デンマークの人たちは 良い品を良い品だからとただ買うのではなく オーガニックやフェアトレードの その背景までを理解して その背景まるごと評価して買う、という姿勢の賢い消費者が 育っているから、いえ、もうそれが既に当たり前であるから こういったいいものが人気なのかもしれませんね。 さて、こちらの「ムスタン」。 ㇺスタンというのは、最後の王国と呼ばれ、つい十数年前までは 外国人が立ち入り禁止だったネパールの王国「ㇺスタン王国」の名前から付けられています。 ランタンへのトレッキング以降、チベット民族熱が冷めやらずにいて チベット民族の王国の名が付いたお茶ですから これは気になる!とジャケ買いならぬネーム買いだったとも言える訳ですが笑、 お店にあった商品の中でこのムスタンだけが 2017年の新茶であったのと、 お茶の葉がこれまで見たことない色合いだったのと 何と言っても香りが良かった、 というのも お嫁入りの決め手でした♬ ……………………….. このお茶シリーズは全て急須で飲む場合を想定して書いています♪♪ 1-1. 飲み方: … Continue reading

food / Nepal / tea / travel / whiite

Vol.35 Organic Ilam White Tea 1st flush 2017 by Sandakphu Tea/サンダクプティーのイラムのオーガニック白茶のファーストフラッシュ

(In Engsish below ↓) 「Joy and tranquility of a cup of tea ♡ 一杯のお茶の香りと味わいに宿る・歓びとやすらぎ♡ お茶愛好家の友達が増えたらいいなシリーズ・vol.35」 <花々の様な華やかな香り、天空の様なすっきりと軽やかな味わい、美しいシャンパンゴールドのイラム産の白茶のファーストフラッシュ> //////////////////////////////////////////// イラムティーのファーストフラッシュを求めていたら、ひょんなことから、 Tea Direct/Sandakphu Tea/Kathmandu Tea Roomの代表の方と出会い、イラムへ行くことになったとは、この記事やこの記事に書きましたが、 ようやく彼らのファーストフラッシュの味わいについて書きます♬ ※彼らSandakphu Tea のお茶は全て‼‼‼‼ 環境とサステナビリティ、生態系の多様性を尊重しオーガニックにつくられています(´▽`*)! ≒化学合成された農薬や肥料を使わず、使用する場合は 農家さんたちのお家の牛さんたちの糞尿やハーブ/野草を混ぜて作ったもの。 このお茶シリーズは全て急須で飲む場合を想定して書いています♪♪ 1-1. 飲み方: 75~80℃、4~5分 1人分はティースプーン1杯の茶葉   1-2. 水: ミネラルウォーターを使用しています (水道水が使えないため) (現在の滞在先は水道水が飲めるそうですが、石灰が非常に多く、 どうも美味しくないため、引き続きミネラルウォーターを使用しています) 1-3. 茶器. 市場で買った、キャンピングギアでもある ステンレスのティーポットを使用しています。 茶葉が美しいので、グラスのポットや 大きなビアマグで茶葉の踊る様子を楽しんでも◎! 2. 水色: ごく淡いシャンパンゴールド(1煎目)       3. … Continue reading

black / blue / food / green / Nepal / tea / travel / whiite

ネパールの高級紅茶の産地イラムへ

<<イラムの高級茶についてです♡。 長いのでお茶に興味のあまり無い方は目が痛くなるかも!>> カトマンズで初めてお会いし、お茶について、イラムティーについて、彼らのビジネスについて、これからの彼らのお茶に関する展望について、素晴らしいおもてなしと共に心から熱く語ってくださったネパールティーアソシエーションの理事長でありティーダイレクトのマネジメントダイレクターのブシャンとツイスティーナ。 私たちが行くときに合わせて工場を開け、ベテラン職人さんを呼んでおいてくれたばかりか、なんと!サプライズなことにイラムのホテルについたら彼らもいらしていたのです! この安心感!   ホテルにて工場と農園見学や、それにまつわる様々な手配について、ブーシャンと打ち合わせをしたのですが、その打ち合わせの際に、出来上がったばかりの新茶のテイスティングに同席させて頂きました。 ・・・う、美しい! テイスティングの様子を初めて見たのですが、も~うキュンキュンしてしまいました! そして美しい茶葉たち♡! 彼らは仕事としてそれをしている訳ですが、その一連の美しさに思わず見とれてしまいました♡‼‼‼ 新製品の開発に伴う新規プロジェクトの会議の様子もうかがわせて頂いたり(ええ、ネパール語全く分かりませんよ)、 お茶のプロ・ティービジネスの世界をほんの少しだけ垣間見せて頂き、良いなぁ、楽しそうだなぁと胸がときめいた日々でした(⋈◍>◡<◍)。✧♡💗   そうそう、彼らのお茶は全てオーガニック&フェアトレード。 化学合成された肥料や農薬は一切使わず、牛の糞を肥料として、牛の尿と農園の村で育てたハーブや山の植物を合わせたものを農薬として使用しているそうです。 農園工場見学の際には、ネパールの製造業の認証機関の方(食品/オーソドックスティの認証担当の方)が説明をして下さり、 「イラムは何と言ってもその生態系の多様性がカギとなっており、その生態系の多様性があるからこそ、この高品質の茶が生まれる。 僕が関わる生産者/会社は、イラムの生態系の多様性を理解し、サステナビリティ≒生態系の保全と持続性を尊重し、かつ素晴らしい茶・新しい茶を製造をしていこうと積極的なのです。」 と話してくれました。   私たちより前にイラム入りしていた彼が、農園を訪れた際に現れたという鹿のビデオを見せてくれました。(イノシシもいるそうな🐗) その土地を尊重し、将来を見据えて誇りと情熱をもってお茶を作る&お茶に関わる人たちと出会えて、本当に良かったです、素晴らしく豊かな時間でした💛💛 彼らのスペシャルティ・ティに分類される高品質のお茶は、ネパール市場にはほとんど出回らず、皆も一度はどこかで聞いたことがあるであろう海外の高級茶葉ブランドの中でも、特に高級茶葉として輸出されます。 イラムはダージリンと山向いで、ほぼ同じ気候&同じ製法であることから、ダージリンとしてインドのバイヤーに買われていくことが多く、そのため「イラムティー」としてはブランドとしてまだ茶の世界で確固とした地位を築いている訳ではありませんが、 「イラムティーを世界的な高級茶葉のブランドとして確立させたい」 というのが、 イラム地域で芸術品と言っても過言ではない、少量特級茶葉を生産しているティーメーカーさんたちの共通の想いだそうです。 ダージリンのファーストフラッシュが何よりも大好きだったことから、イラムティーに興味を持ったのですが、こうして実際に自分が飲んでいたお茶がどの様に生産されているのかを目にすると、一層美味しく感じるし、イラムティーが特別に感じます。 (ええ、デンマーク王室御用達のお茶やさんで好んで飲んでいたお茶は、彼らのお茶だったのです!わぁお!デステニー💛!) 素人の口ですから単なる独断と偏見ですし、多くのオーガニックイラムティーを試した訳ではありませんが、彼らのファーストフラッシュ(白茶のファーストフラッシュを頂きました)は、苦みがとても少なく、華やかな香りと甘いお茶の味わいをソフトに・でもしっかりと感じるお茶です。 色合いも淡くて美しい♥! そんな訳で朝からぶっ通しで飲んでいます(。・ω・。)ノ♡ ・・・彼らは「品質には絶対の自信がある。茶葉を単に茶葉として買いたたくのではなく、この品質をちゃんと理解して買ってくれるバイヤーと取引がしたい」という信念から、第三国を通した取引ではなく、相手国/会社と直接の商売の形態を取っているそうで、 「独自の茶文化を持つお茶の国であり、お茶に理解のある日本の会社と、第3国を通さずの直接の取引先を探している」と話してくれました。       有機的持続的な暮らしの中の一部として、お茶職人たちがその手に誇りを持って作るイラムティー。 「イラム」の名が、生態系の多様性を尊重し、少量ながら持続可能な生産をしている高級オーガニック・フェアトレードティとして世界に名を馳せる日が来ることを、私も心から願います!!! ・・・いや、願うだけじゃなくて、私もそれに何とか力になりたい!! だって本当に本当に美味しいのですもの! イラムの村々やその人々、そして彼らティービジネスに関わる人たちが 本当に素敵なんですもの!!! どうしたら私が力になれるのか全く分かりませんが、とにかく折に触れてはイラムを大大大プッシュしていこうと思います°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°💗!!! これから海外ブランドのお茶を買う時には、是非、どこでどの様に生産されたものかを確かめてから買ってみて下さい、その物語がきっといっぱいのお茶を更に美味しくするでしょう(⋈◍>◡<◍)。✧♡ Continue reading