travel / events/event / food / culture / tea / herb / black / green / bottled / blue / whiite / Danmark

2つのお茶の祭典のあとがき

<2つのお茶の祭典のあとがき> ①. 入場の際に列が出来る程にぎわっていたシングルオリジンティーフェスティバルと地球にやさしい中国茶交流会。 そこかしこでとってもマニアックな会話がなされていて、やはり日本はお茶愛好家がとっても多いのだなぁと実感♡ ②. 最低1日3回は必ずお茶を飲む家庭で育ったので、歯磨きをするみたいにお茶を飲むことが当たり前でしたが、それでも私の中でお茶に対する先入観みたいなものがあったのを実感! 例えば、 「アッサムのお茶はどうも私には濃い」とか 「セイロン、ウバ、ヌワラエリヤ… スリランカのお茶はどうも 私の味のヒットスポットに微妙に合わない」 など。 こういった先入観があったから、それらの産地のお茶はこれまであまり試そうとしてこなかったの。 で! それは単に私が美味しいお茶に出会っていなかっただけの事でした。 お茶好きの私ですらこうなのだから、美味しく淹れられたお茶を飲む機会って、本当に大切だし貴重だなぁ~と思いました‼ お茶と一口に言っても、本当に様々。 美味しいお茶に触れたら「もっと知りたい!」って自然になるじゃない? でも、自ら出向くでもなければ、本当に美味しいお茶を頂く場所・機会ってあまり無いんじゃないかな。 と! いう事で、 お茶愛好家友達を増やすべく、 ひそかに地道に、美味しいお茶を淹れ そんな時間を共有していこうと思いました♡ これからはアッサム紅茶ももっと味わってみよう♫ ③. 私の欧州人の友達の多くはベジタリアン、もしくはヴィーガンであり、オーガニックやフェアトレードへの意識が高い。 意識が高い、と書いたけれど、これは日本人的な視点から見たら、というだけで、欧州の都市部の人たちは特に、オーガニックで環境に配慮されたものや、フェアトレードのものを選ぶという事が当たり前になって来ている。 人たち、というより、都市そのものがそうなりつつある。 数年したら、デンマークではもはやオーガニックではないもの、エコロジカルでは無いものはかなりマイナーな存在になっているんじゃないかな? で。 そんな友人たちは味覚も繊細だなと感じる。 ベジタリアン・ヴィーガンの友達はアルコールやたばこは極力摂取せず、お茶を好む傾向にあり、ダージリンのファーストフラッシュや、白茶シルバーニードルと言った、野菜や果物をメインとしたヴィーガンフードに合わせやすい、柔らかく明るい味わいのお茶を好む印象がある。 そして勿論、お茶もオーガニックで、ね! ヴィーガン・ベジタリアンといった食生活、またマインドフルネスな生き方が更に浸透するにつれ、オーガニックのお茶、特に白茶や緑茶で繊細な味わいのものが注目を浴びだすのではないかと思う。 ④. とは言え、欧州は珈琲党員が何と言っても多いし、お茶と言えば濃い~紅茶をイメージする人が多い。 ラプサンスーチョンを淹れたりすると、男性陣からの人気が高くて、こんな渋い香りや味わいが好まれるのかと驚いた記憶がある。 そこで見つけたこちら・ウィスキー樽のチップを燻製時に使用した日本初の燻製茶など、欧州都市部の男性やヒップな世代には、すっごく受けがよさそうだなと思った! 燻製茶は、「お茶」のカテゴリでなく、それ別個のカテゴリが、コペンやベルリンなどの都市で成立しそうだなぁと妄想を膨らました次第。 →カネロク松本園さん http://kaneroku-matsumotoen.com/smoked-tea.html ⑤. お茶愛好家の友達が増えたらいいなと思う。 どうしたらお茶に関心が持たれるだろう、お茶を飲んでもらえるだろう、と思ったら、やはり手軽に飲めるのがいいのかな? そんなことを思っていたら、素敵なお茶屋さんを発見! 銀座の工芸茶専門店Croesus →http://www.mercure.jp/ 工芸茶というのはお湯に入れるとお茶玉が開いて 茶葉と共に中から美しい花々が姿を現す花茶。 これなら茶器が無くても頂くことが出来るし、 見た目にも可愛くて、ほっとゆるみながら 味わう事が出来るよね♪ 「ほっとひといきついてね♡」と 顔を思い浮かべながら女友達にプレゼントしたくなるお茶♡ こうゆうお茶、年齢国籍関係無く、女性って大好きだよねぇ💗 … Continue reading

black / blue / food / green / herb / tea / travel / whiite

<<お茶が可愛くて美味しくて、もう💓&お茶に関わる人たちが美しくてカッコよくてもう💓な話。 &あわよくばこれを読んでいる貴方をお茶好きにしてしまおうと0.01ミリほど企んでいる話>>

<<お茶が可愛くて美味しくて、もう💓&お茶に関わる人たちが美しくてカッコよくてもう💓な話。 &あわよくばこれを読んでいる貴方をお茶好きにしてしまおうと0.01ミリほど企んでいる話>> ひそかに大いに憧れている友人からご紹介頂き、ダージリン近くの西ベンガル州はロチャンティーのラジブロチャンさんとそのご家族の皆様のもとにお世話になっております。 ロチャンティーではダージリンを中心とした世界のお茶、また、文字通りゼロから創り出したフル・オーガニックの自社農園で生産をしているブランド・ドックティーを扱ってらっしゃるのですが、昨日はそのドックティーの農園に連れて行って頂きました! (ナチュラルコンポストがありました、自然の循環^^) 西ベンガルの隣・ビハール州に位置する彼らの農園のある地域は農作物が育ちにくいと言われていた地域ですが「やってみたらどうだろう?」とラジブさんが数年の年月をかけて土の改良や灌漑作業(と言うのかな?)をほどこし、今では茶の木が一面に青々とし、茶の畑に影を創る木々がところどころに植えられていて、色鮮やかで大きさも様々の蝶々が舞い、蜥蜴たちが木々で遊び、そこにまた美しい鳴き声・華麗な姿の鳥たちがやって来て、まるで楽園の様でした💛 (そしてもちろん、牛たちもおる。牛、カワイイ♡) そして、お茶のピッキングから生産の様子を見せて頂きました! ・・・もう、胸がキュンキュン~!!! 摘みたての小さくやわらかなお茶の新芽も、赤ちゃんみたいに輝いていて超可愛いし、 人の手によるお茶作りがこだわりのドックティ、昔ながらの石臼釜を用いての萎凋と呼ばれる乾燥の行程を施すと、フレッシュな茶葉のお茶の香りが! そしてその後、晒にその茶葉をくるんで手でもむハンドローリングを行い、太陽の下でしばらく自然乾燥。 その時には既に、あのベイビーグリーンたちが、お店で見かける茶葉の形になりつつあるではありませんか! フレッシュな青々しい香りは次第に落ち着いて… ・・・この大興奮を文字で表現できないのが非常に悔しい。。。 大好きなお茶の、生まれたて赤ちゃんの姿から、人の手をかけてお茶になっていく姿・・・ 「お茶を作る」、いえ、「一杯のお茶を飲む」ために どれだけの時間と労力と人が関わっていることか! どれだけの美しい物語が紡がれていることか! どれだけの美しい「瞬間の芸術」が隠れていることか! もーーー、書きたいことが沢山ありすぎてまとまりません・書ききれません。 作家力を磨きたい! それは置いといて! そこで茶摘みをする女性たちがこれがまた、美しいのですよ! 極彩色のサリー、金や銀のジュエリー、 赤いヴィンディー、ジェットブラックの流れる長い髪 …が、彼女たちのダークブラウンの肌にこれまた映えるのです! そのジュエリーは先祖代々のものなの?ひとつひとつに意味があるの?とか、今になって聞きたいことがわんさか浮かんでくるのですが、その場ではも~~ぅ、彼女たちの美しさに見惚れて、 ただ「なんて美しいの!キュン!!!」って心を奪われっぱなしだったのでした。笑 早朝朝露の消えないうちから仕事を始める彼女たち、大きな網に茶葉を入れて茶摘みをしているのですが、フルに摘むと20キロ以上になるそうで、休憩後の1時間でわんさと摘んでらっしゃいました! 経験のなせる技ですな! お茶を育み、摘み取り、作る。その「茶葉」だけにフォーカスしても、これだけの美しい瞬間があるのですから、私たちの手元に1杯のお茶が届くまでには、素晴らしい物語が紡がれ芸術が隠されているという訳なのです! さて、農園で行われていた彼らの緑茶の行程の続き、また彼らの一押しであるドックティーのブラックフュージョンの生産の様子を見させてもらう予定です♡ やん!楽しみ!! ※ちなみに彼らのブラックフュージョン、落ち着いた甘さがほっこりキュンとします💛 ダージリンファーストフラッシュがベビーピンクやペールパステルカラーのドレスを着て、白やミントグリーン+ゴールドを基調としたホテルやカフェでのドリーミィなアフタヌーンティというイメージなら、 ブラックフュージョンはフューシャピンクや真紅のドレスを来て、黒やダークブラウン&ロイヤルレッドを基調とした落ち着きながらもパンク感・ヒップ感のある欧州のホテルやレストランでティーパーティに合う、そんな印象です。 (話題は恋愛や人生や、何であれディープな感じ) お茶と言えば、ティーバッグで飲むとか、ボトルで飲む、という方が多いかもしれませんし、 イングリッシュブレックファーストやアールグレイと言った、ブレンドティーを好まれる方が多いかもしれませんが、 こうした単一の産地で生産されたお茶・シングルオリジンティーを、自分の手でゆっくりと淹れてみると、また違ったお茶の味わいを発見するいい機会になるかもしれませんよ♡ そしてやはり、お茶を急須やポットで淹れて飲む事や、シングルオリジンティーが初めての方には、是非是非!美味しいお茶を味わってほしい💓 という事で、ロチャンティーのこだわり・フルオーガニックで手作りの「ダックティー」とてもおすすめです!!! (というか、お茶そのものもなのですが、彼らが素敵でカッコよすぎて、それもあって超絶お勧めしたい) (ファミリー皆カッコよすぎるのだけれど、やはり思う。一流の人はこう、全てにおいてスパンスパンスパン!としているよね!そして途方もなく優しいよね!) (思考に無駄が無い、常にフォーカスしているという事なのかなと思ったりしています) (お茶も人生も日々勉強と経験あるのみ、地道にポジティブに積み上げて行こう、と思う日々でごじゅある) ・・・私が紹介するお茶、「言うても日本で買えへんやんか!」というお茶が大半だった気がしますが、ロチャンティー・ダックティーは何と日本でも味わうことが出来るのですー(⋈◍>◡<◍)。✧♡! こちら、ロチャンティージャパンさんのページ: → https://www.lochanteajapan.com/   Continue reading

black / blue / cloud funding / food / green / herb / Nepal / tea / travel / whiite

Nepali Tearoom in NY, Teafresho cloudfunding ;) !!

Nepali tearoom in NY, Teafresho (↓日本語は下に。ネパールのお茶のクラウドファンディングです^^) Dear my friends(。・ω・。)ノ♡! Hey, do you love tea? Then read it 😉 ! hm, you’re coffee person? Still read it please 🙂 !! My favorite tea lounge Teafresho in Kathmandu is going to open their 3rd lounge. This time, the location is in NY!! in Brooklyn 🙂 ! Probably … Continue reading

black / blue / food / green / Nepal / tea / travel / whiite

ネパールの高級紅茶の産地イラムへ

<<イラムの高級茶についてです♡。 長いのでお茶に興味のあまり無い方は目が痛くなるかも!>> カトマンズで初めてお会いし、お茶について、イラムティーについて、彼らのビジネスについて、これからの彼らのお茶に関する展望について、素晴らしいおもてなしと共に心から熱く語ってくださったネパールティーアソシエーションの理事長でありティーダイレクトのマネジメントダイレクターのブシャンとツイスティーナ。 私たちが行くときに合わせて工場を開け、ベテラン職人さんを呼んでおいてくれたばかりか、なんと!サプライズなことにイラムのホテルについたら彼らもいらしていたのです! この安心感!   ホテルにて工場と農園見学や、それにまつわる様々な手配について、ブーシャンと打ち合わせをしたのですが、その打ち合わせの際に、出来上がったばかりの新茶のテイスティングに同席させて頂きました。 ・・・う、美しい! テイスティングの様子を初めて見たのですが、も~うキュンキュンしてしまいました! そして美しい茶葉たち♡! 彼らは仕事としてそれをしている訳ですが、その一連の美しさに思わず見とれてしまいました♡‼‼‼ 新製品の開発に伴う新規プロジェクトの会議の様子もうかがわせて頂いたり(ええ、ネパール語全く分かりませんよ)、 お茶のプロ・ティービジネスの世界をほんの少しだけ垣間見せて頂き、良いなぁ、楽しそうだなぁと胸がときめいた日々でした(⋈◍>◡<◍)。✧♡💗   そうそう、彼らのお茶は全てオーガニック&フェアトレード。 化学合成された肥料や農薬は一切使わず、牛の糞を肥料として、牛の尿と農園の村で育てたハーブや山の植物を合わせたものを農薬として使用しているそうです。 農園工場見学の際には、ネパールの製造業の認証機関の方(食品/オーソドックスティの認証担当の方)が説明をして下さり、 「イラムは何と言ってもその生態系の多様性がカギとなっており、その生態系の多様性があるからこそ、この高品質の茶が生まれる。 僕が関わる生産者/会社は、イラムの生態系の多様性を理解し、サステナビリティ≒生態系の保全と持続性を尊重し、かつ素晴らしい茶・新しい茶を製造をしていこうと積極的なのです。」 と話してくれました。   私たちより前にイラム入りしていた彼が、農園を訪れた際に現れたという鹿のビデオを見せてくれました。(イノシシもいるそうな🐗) その土地を尊重し、将来を見据えて誇りと情熱をもってお茶を作る&お茶に関わる人たちと出会えて、本当に良かったです、素晴らしく豊かな時間でした💛💛 彼らのスペシャルティ・ティに分類される高品質のお茶は、ネパール市場にはほとんど出回らず、皆も一度はどこかで聞いたことがあるであろう海外の高級茶葉ブランドの中でも、特に高級茶葉として輸出されます。 イラムはダージリンと山向いで、ほぼ同じ気候&同じ製法であることから、ダージリンとしてインドのバイヤーに買われていくことが多く、そのため「イラムティー」としてはブランドとしてまだ茶の世界で確固とした地位を築いている訳ではありませんが、 「イラムティーを世界的な高級茶葉のブランドとして確立させたい」 というのが、 イラム地域で芸術品と言っても過言ではない、少量特級茶葉を生産しているティーメーカーさんたちの共通の想いだそうです。 ダージリンのファーストフラッシュが何よりも大好きだったことから、イラムティーに興味を持ったのですが、こうして実際に自分が飲んでいたお茶がどの様に生産されているのかを目にすると、一層美味しく感じるし、イラムティーが特別に感じます。 (ええ、デンマーク王室御用達のお茶やさんで好んで飲んでいたお茶は、彼らのお茶だったのです!わぁお!デステニー💛!) 素人の口ですから単なる独断と偏見ですし、多くのオーガニックイラムティーを試した訳ではありませんが、彼らのファーストフラッシュ(白茶のファーストフラッシュを頂きました)は、苦みがとても少なく、華やかな香りと甘いお茶の味わいをソフトに・でもしっかりと感じるお茶です。 色合いも淡くて美しい♥! そんな訳で朝からぶっ通しで飲んでいます(。・ω・。)ノ♡ ・・・彼らは「品質には絶対の自信がある。茶葉を単に茶葉として買いたたくのではなく、この品質をちゃんと理解して買ってくれるバイヤーと取引がしたい」という信念から、第三国を通した取引ではなく、相手国/会社と直接の商売の形態を取っているそうで、 「独自の茶文化を持つお茶の国であり、お茶に理解のある日本の会社と、第3国を通さずの直接の取引先を探している」と話してくれました。       有機的持続的な暮らしの中の一部として、お茶職人たちがその手に誇りを持って作るイラムティー。 「イラム」の名が、生態系の多様性を尊重し、少量ながら持続可能な生産をしている高級オーガニック・フェアトレードティとして世界に名を馳せる日が来ることを、私も心から願います!!! ・・・いや、願うだけじゃなくて、私もそれに何とか力になりたい!! だって本当に本当に美味しいのですもの! イラムの村々やその人々、そして彼らティービジネスに関わる人たちが 本当に素敵なんですもの!!! どうしたら私が力になれるのか全く分かりませんが、とにかく折に触れてはイラムを大大大プッシュしていこうと思います°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°💗!!! これから海外ブランドのお茶を買う時には、是非、どこでどの様に生産されたものかを確かめてから買ってみて下さい、その物語がきっといっぱいのお茶を更に美味しくするでしょう(⋈◍>◡<◍)。✧♡ Continue reading

black / blue / food / green / herb / Nepal / tea / travel

ネパールのレストランでお馴染みのお茶♪

ちなみに、多くのレストランでお馴染みのお茶(ホット)は   ・マサラティー (大体5種類以上のスパイスをブレンドし、紅茶と煮込んだもの。ストレートかミルク) ・ジンジャーレモン(紅茶を入れるタイプやそのままのタイプ) ・レモンティー(紅茶を入れるタイプやそのままのタイプ) ・ブラックティー(紅茶) ・ミントティー ・ジャスミンティー ・ホットレモン(ライムやレモンを絞ってお湯で割る) で、 レストランによっては ブレンドハーブティ(お店によって異なるけれど、生姜が入っていることが多い気がする)や アユールヴェーダでもお馴染みのメディカルハーブティ などを味わえます。 ・・・そして、やはり現地で飲むマサラティーは すっごく美味しい!!!!(特にミルク入り!) ジンジャーレモンティに、ヒマラヤンハニーを加えると 「はわわわぁぁ~~ん(´▽`*)」となります♬ (ネパールは蜂蜜の栽培が盛んで、お寺とかでも蜂蜜採集してます!) (味が濃い‼‼‼‼‼‼‼‼‼ ・・・日本でスーパーで買っていた蜂蜜はなんだったのだろう。。。) (・・・蜂蜜が多めに出てくると蜂蜜だけ食べちゃう) (日本に輸出したら、いい産業になりそうだなぁ、なんて!)   ………………………..   冷たい「お茶」は、 フレッシュなものが少なく&砂糖で味付けしてあるものが 多いのですが、 昨日「ブラックウォーター」というレストランで試した 「レモンジンジャー&ミントティー」が すっごく美味しかった! ライムやミントが新鮮で、豊富に使われているので 味わいがヴィヴィッド💗! ミキサーにかけられたミントの葉で まるで抹茶の様に濃い緑色なの💗!!(今度写真撮るね!) こんな、新鮮な材料を使った、砂糖無しの オリジナルなアイスティーなら もっと試してみたいなと思いました(⋈◍>◡<◍)。✧♡!!! Continue reading

blue / food / Nepal / tea

Vol.33 Nepal Oolong by Teafresho,Kathmandu /Teafreshoの「ネパールウーロン 」

(In Engsish below ↓)「Joy and tranquility of a cup of tea ♡ 一杯のお茶の香りと味わいに宿る・歓びとやすらぎ♡ お茶愛好家の友達が増えたらいいなシリーズ・Vol.33」 <ユニークな香りが印象に残る、ネパールウーロンのフォースフラッシュ> ※facebookでお茶のレビュー投稿に番号を振っていたのですが、ネパールに来てしばらく投稿をしていなかったため、タイムラインで探すのが手間だったので、ブログでも番号を振っていこうと思います♬ ・・・・・・・   皆さんご存知のダージリンは、紅茶界のシャンパンとも言われています。 そのダージリンにひそかに「ダージリン」として買われていく、 欧米で静かにかつ急激に人気を博し始めてスポットライトを浴びているのが、 ダージリンの隣接エリアであり、ネパール側の「イラム」。 (紅茶の産地はいくつかあるのですが、イラムはほぼ高品質なリーフティ専用の茶園が多いそう) ネパールで手に入る・ネパール産のリーフティはほぼ、イラムティーなのだそう!     先日道を間違えたことから偶然発見した、なんだかおしゃれなティーラウンジ 「Teafresho」は、カトマンズの中心エリアのタメル地区に2軒お店があります♬ イラムティーで有名なことから、茶葉を売っているお茶屋さんは何百とありますが ここ・Teafreshoのおすすめは何と言っても ほぼすべてのお茶のテイスティングが出来るところ! 中国の工芸茶セットを用いてテイスティングのお茶を淹れてくれるのですが、 お茶が大好きなこと・お茶への情熱が伝わるフレンドリーな店員さんとオーナーで、 安心してお茶を楽しみ、お買い物をすることができます♬ 私がTeafreshoで手に入れた2種類のお茶・ ネパールウーロンとエヴェレストグリーンデューについて書きますね♪ まずはネパールウーロン💗 ・・・・・・・・・・ このお茶シリーズは全て3~4人分・急須で飲む場合を想定して書いています♪♪ 1-1. 飲み方: 90~100℃で3~4分 一人分はティースプーン1杯の茶葉   1-2. 水: ミネラルウォーターを使用しています (水道水は使えません) (沸かしたてのお湯が手に入らないため、 ウォーターサーバの90℃設定のお湯を使用しています)   1-3. 茶器. 市場で買った、キャンピングギアでもある ステンレスのティーポットを使用しています。 … Continue reading

black / blue / food / green / herb / Nepal / tea / travel

続・カトマンズに来たら是非(⋈◍>◡<◍)。✧♡

(日本語は下に) My tealover/holic-friends and friends who currently in Kathmandu(or planning to come) (。・ω・。)ノ♡   Last night I found sooo wonderful tea lounge in Kathmandu. All tea there is from Nepal (Ilam) and you can enjoy tasting 🙂 (Clearly no need to say but I have to say, all of them are amazingly tasty!) With the … Continue reading