About me / Danmark / India / just something / life / love / memo / steps of life / thoughts / travel

これをせんで絶対に死ねんの事:デンマークに帰る事と愛に生きる事

<これをせんで絶対に死ねんの事:デンマークに帰る事と愛に生きる事。> 人間が「まだ死ねん、生きる」って細胞の底から思うのは、欲望があるからだと思う。  別に世界征服とか世界平和とかデカい事じゃなくてさ、あのきんつば食べたい、明日はあそこの茶碗蒸し食うねん、あの豚カツのために明日起きる!、とかそんな日々の小さな事が命に活力を吹き込んでいるのかもしれない。 健康に生きているとそんなの当たり前で、生活する事に必死になってしまって、大事なことをちゃんと目の当たりにして考えるのをおろそかにしてしまう。 私大丈夫だし、あと90年生きるし、時間はたっぷりあるしって、思い込む事で目を反らそうとしたりね。 ①デンマークに帰る。永住する。 世界各地に帰る場所を作りたい、というのは本当にそう思っていること。 けど、「拠点のうちのひとつ」という意識と「私の帰る場所・故郷」という意識では意味も深さも全然違う。 故郷のデンマークがあってが大前提での上なのだ、何もかも。何もかも。 ケースワーカーさんや行政書士さん等にもお願いして元彼のところで進めていた査証がおじゃんになって、「あんなに手を尽くしたのに無理だった」というのがずっとずっとショックだった。(逆に今は、あのまま通っていなくて良かったと思うけど。) 私は自分の欲しいと思ったものは必ず手にして来たが、覚えている限りこれが初めての挫折で、願ってまだ手に入っていない唯一の事だ。 (もしくは、必ず手に入ると120%の確信が持てない唯一の事だ)。   それで「住めないんだったら住む様に旅に暮らせばいい。」ってノマドライフを開始した。紆余曲折を経て思うのは、旅に暮らすノマドライフは誰にでも可能だという事と、でも私はそれだけじゃもの足りない・深く根を下ろしたいもっと知りたい溶け込みたい・やっぱりデンマークが良い・デンマークに住む事は何にも代えがたいという事だ。 ドイツもネパールもインドもグレナダも好きだ。 だが、デンマークは私にとって特別で、どこの場所もとってかわる事の出来ない唯一無二の故郷なのだ。   このままで死ねない。 デンマークに骨を埋めずして臨終のときを迎えられない。 で、じゃあどうする?どうやって叶えるの?というところはまだ目途が立っていないけど、 人生どう生きたい?と真剣に問い詰めたら、やはり絶対の絶対の絶対に、「デンマークに帰る」、だ。         ②愛を育む。愛のあたたかさを感じながら死んでいく。 家族がいるというのは良い事だ。 ただただ愛を注ぎ見守り可愛がってもらう経験・関係を生まれながらにして用意されていて、それは疑いようもなく不変の確固としたものだから。 思い返すだけでこころがあたたかくなる、沢山の愛に満ちた記憶とその感覚は 「ここが私の帰る場所だ」と優しさと安心を思い出させ包み込んでくれる。   私も例外では無くいつかそれを失う日が来るのだと思うと、 「『自分はどうなっても構わない』と、 これほどまでに愛せる人はきっともう現れないだろう」 と悲しい気持ちになる。 でもそうじゃない。 元々そこからあったものの様に感じてしまうけど 時間をかけて共に生きて築き上げてきたものなのだ。 家族の中で育てられながら、愛を注ぎ育ててもらって愛を知った。 全くの他人と~国も言葉も文化も価値観も家族背景も全く異なる~と愛し合うというのであれば、ただ何もしないで今感じる様な愛が一朝一夕で芽生える訳じゃないだろう。 だから、この気持ちを愛の羅針盤にして、今度は大切な人と愛を深めていくのだ。 この気持ちがあれば、雨にも負けず風の強い日にも負けず、諦めず、見据えて、愛して行けると思うから。   自分が今際の際に立った時、 これから私が愛を注ぎ、共に深め育む人たちの事を想い、 「沢山愛したなぁ。やりたいこともやりきった、良き人生だった」と このあたたかな気持ちと共に去って行きたいと思う。   あーーまだまだ絶対死ねない! くっそー! 神様、もう少し、や、もっと大胆にイージーモードに変更してくれないかな? そしたら更なる冒険とかワイルドで斬新なアイデアとか出てきそうじゃん? お願いしますよもー! Advertisements Continue reading

About me / just something / life / love / memo / steps of life / thoughts

あなたへもしくはわたしへ

あなたへもしくはわたしへ もし大切な人や愛する人がいるなら、全身全霊で愛しなさい 愛して愛して愛して、身が塵となり燃え尽きるまで愛しなさい 「永遠のものはない」なんて言葉は大嫌い。 「全て移り変わる」なんてくそくらえだ。 だけど、愛する人が目の前にいるのは、今しかない。今しか。 声も匂いも眼差しも肌触りも体温も。 笑いも安らぎも悲しみも幸せも。 偶然みたいに生まれて知らずに生きてきて、どう生きて何をすべきかを命じたりする存在は神ですらいないだろう。 でももし生まれた理由や生きる理由、すべきことがあるとしたら。 私達が生きていてすることはただ一つ、愛すること。 愛すること。 we live,we love,we lie Continue reading

About me / invited/ people / invited/info,things / life / steps of life / thoughts / Visit?

なんでハッピーヒッピーエコハウスリノベーションをしたいのか? 何でシェアハウスやゲストハウスなのか?

なんでハッピーヒッピーエコハウスリノベーションをしたいのか? 何でシェアハウスやゲストハウスなのか? →「世界中遊びまわりたい&世界中で友達と遊びたいから!」どーん! ☮これまで引っ越し&移住&旅暮らしが多かったのだけど、その都度部屋探しをしたり、暮らしに必要なものを揃えるのって結構な手間だから、世界どこに行くときにも、お家に帰るみたいな感覚で「帰る/住む」場所が欲しいなと思ったのと、日本に帰ってきた場合もそうで、日本での拠点が無いから、ここを帰国時に帰って来る場所にしたかった。 機内持ち込みスーツケース一つで世界中に暮らせる様にしたいと思ったから。 ☮ そうしてシェアハウスorゲストハウスみたいにして世界中の人が集まる場所にすることで、おのずと世界の同じコンセプトの場所について情報が集まるじゃない? そうしたら世界にも帰る場所が出来て、世界中スポットスポットで人と場所と繋がれるから。 ☮ 使いたいのであって所有したい訳ではない。だから、私が居ないときにハウスを使う事で手入れしてくれる人がいたらいい。 千葉のみならず、世界の好きな場所に、こんなコンセプトの場所をオープンして/見つけて、自分の好きな茶器とか料理器具を置いて、いつ行っても好きな人たちとお茶や好きな料理をして楽しく過ごせる様に、、、 ハッピーヒッピーエコフレンドリーに世界に拠点を持つ・作るのが夢なの^^! ☮友達への恩返しや、友達と遊びたいから。 日本で世界中で、沢山の友達にお世話になった/ている。 一人の友達は、今自分の住まいを持たずに暮らしているのだが、その際に「来年ハルカが来る時には、アパートを借りているはずやねん。そしたらホテルとか借りなくてええやん、うちに泊まりに来たらええやん。友達も誘ってみんなで来たらええ!」と言ってくれたことがとても衝撃だったし、とても嬉しかった。 彼女だけじゃなく、そんな友達のおかげで私は世界中を飛び回れていると言える。 だから、今度は私がそうしたいという思い・彼らが日本に来る際にはうちに来て欲しい・一緒に楽しい時間を過ごしたい、という思いから。 一つ屋根の下寝起きして、料理したりルーフトップパーティしたり踊ったり、最高じゃない? と、こんな思いでリノベーションに手を付け始めました。 今、やりたいなぁ、という思いに任せて、少しづつ進めていきたいと思っています。 Continue reading

About myself (skills)私について・スキル編
About me / Him (or her)

About myself (skills)私について・スキル編

私について:: 趣味とスキルでまとめていたプロフィールをこちらでも公開します♪ About myself:: I update my profile of hobbies and skills 🙂 //////////////////////// <<SKILLS VERSION PROFILE/趣味編>> mainly for workaway/wwoof おもにボランティアやソーシャルアクティビティの場面で♪ ……………………………….     Description   HI, I’m Haruka Endo  who has lived in Denmark and comes back to Japan. I love to meet new people and culture through experiences. It’s my passion! Also I love … Continue reading

About myself (hobbies )私について・趣味編
About me / Him (or her)

About myself (hobbies )私について・趣味編

私について:: 趣味とスキルでまとめていたプロフィールをこちらでも公開します♪ About myself:: I update my profile of hobbies and skills 🙂 //////////////////////// <<HOBBY VERSION PROFILE/趣味編>> mainly for friends or couchserfers おもに友達つくりの場面で♪ ………………………………. Written in English below ↓ 🙂 !! 初めまして! 千葉県出身、16年の1月までデンマークに住んでいました。 (ちょっとだけベルリンも) 外国の文化・人に触れるのが好きで、これまで十数か国に旅をしてきました。 今はデンマーク人のパートナーとともに 「無計画・無資金・無方向性で日本を旅する~運と出会いに身を任せ、世界の美しさとやさしさに出会い、私たちから広げていく旅~」 というテーマで旅をし、3月下旬に地元の千葉へ戻り、東京に滞在し、 これからはカリフォルニアに行く予定です。     これから素敵な人たちとの出会いが広がることを楽しみにしています。 ちなみに私は依然ローフードカフェをしていたので、ローフードやヴィーガンフードを作るのが好きです。 なのでお好みであればレシピや、一緒に料理もできます^^! また日本舞踊師範でもありますので、何か日本の伝統文化について聞きたいことなどありましたら、一緒にいろいろ語りましょう^^!     あなたとお会いできるのを楽しみにしています!     HI, I’m Haruka  who has … Continue reading

About me

ハルカについて②デンマークに渡って

デンマークに住んで良かったことは沢山ある。 在り過ぎて何をどこから書いていいのやら!       デンマークは別に友達が居たわけでも 来たことがあったわけでも 何か「これを学びたい!これが好き!」ということが あったわけでもなく 本当に 「情報が集まらなかったから&世界一幸福な国だから」 という理由だけで決めて来ちゃったの。         だから、飛行機の中でめ~~~ちゃくちゃ!ワクワクと同時に 「しかしいったいどんな国なんだ?どんな人が住んでいるんだ?」 「住むところも決めてないのに大丈夫かしら?」 「デンマーク語話せないけど大丈夫かな、皆英語はなせなかったらどうしよう?」 って、 ちょっぴり不安があったのも覚えてる。     デンマークについて早々、文字通り 空港についた瞬間から、少しほっとしたの。 空港のスロープを下って行く私のキャリーケースを 女の子がパシッと止めてくれて、 その子がなんと同じ便で日本から来たところだったの! その子は日本滞在から帰ってきたところで その場で色々盛り上がって、デンマーク語の本とか もらったりして♪       ホテルについてからや 街中散策をしているときですら みんな笑顔で「Hej♪」って挨拶してくれたり そこここで会話が始まるフレンドリーさに 初めての異国暮らしに緊張していた私には すごく嬉しかったし、だんだんほぐれていったなぁ♪       あ~、本当いっぱい書きたいことがある! でも、書き出すと本当に止まらなくて たぶん半年書いても終わらないから笑 大分端折ってかくね!!       ・・・って、今書きたいことを頭で整理していたけれど 結局、このブログの記事でもいくつか書いてるように 過去の恋愛や元彼たちの話になりそうな予感・笑 私の自分史≒恋愛史か!みたいなね^^♪ … Continue reading

About me / blog

ハルカについて①デンマークへ渡った経緯

フェイスブックやブログ記事などで私の事を通りすがりに知った方は 「で、君は誰でどんな人物なのかね?」と思うのではないかと思い 自己紹介も兼ねて、私の歴史・自分史をまとめたいなと考えています。     ・・・・が! 思い起こすといっぱいあってどこをどうまとめたらいいか分からない!!!       そこで、まとめやすく、またよく聞かれるところからまずまとめて その後関連づいたところも書いていって ある程度分量もまとまってきたら、組み替えて自分史にしようかなと思います!         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       まずは、最もよく聞かれる 「何故デンマークに行ったの?」というところから、紹介を始めたいと思います❤     ………………………….     小学生の頃、私の地元は野良犬が少なくなくて、通学が怖かったのだけど ご近所に住んでいた外国人の人たちが 私が野良犬が怖くて立ち止まって学校に行けないでいると 野良犬を追い払ったり気をひいたりしてくれて 「ほら、今行っていいよ!」って いつも助けてくれていたの。     それだからか私の中で 「外国人=優しい良い人たち」 というイメージが出来上がったのね。   (あと、ブルースウィリスやバッドマンも「外国人素敵!」のイメージに一役買ったと思われる笑)       だから、友達のお父さんの同僚が外国人だと聞いて会いたい~!って 思っていたし ALTの先生とかプチアイドルだったよね!       それと、当時超本の虫・図書室大好き本読み大好きで 色んな本を漁り読んでいて、特に「世界の歴史」シリーズが大好きだったの! 空中庭園やイラクのジッグラト・回旋塔の写真を見ては 「世界にはこんなアニメみたいなところがあるんだ!」って ワクワクしていたのを覚えてる♪   … Continue reading