Nepal / travel

カルチャーショックから抜け出しつつあります:だんだんネパールが好きになって来た様な気がします。

{カルチャーショックから抜け出しつつあります:だんだんネパールが好きになって来た様な気がします。}

今日はバスのチケットを買いに行くのに、ローカルバスに乗っていくことにしました!

2か月いて、移動手段に昨日初めてタクシーではなくローカルバスに乗り、今日は更にチャレンジングに、どこか分からないバスパークにローカルバスで行ってみよう!と思い立った訳です。

ガイドブックに載っていたバス停は存在せず&場所が変わっていたのですが、それも道行くおっちゃん達が教えてくれたおかげでつくことが出来て。
(バス停のサインはありません。ただの道の途中。わかるはずがない・笑)
でも待てども待てども&聞けども聞けどもバスは来ず、やはりタクシーにしようか・もう一台聞いてダメだったらタクシーにしようと思ったけれど、やはり違うバスで。

で、はてどうしたものかと思っていたらお姉さんが
「バスパークに行くのでしょう?見つけてあげる!」と言って、縦横無尽に走るバスから私の行先のバスを見つけてくれて。
その後無事にバスパークに着いたら着いたで、だだっぴろいバスターミナル&ネパール語しかないこれまただだっ広いチケットカウンター。

さてどうしたものかと思っていたら、大勢のおっちゃん&お兄ちゃんたちにゾクゾクゾク~とやって来て
「なんだ!どうした!」
「どこへ行くんだ!」
と囲まれたかと思いきや
(一瞬何事だと身構えちゃったよね)、
チケットカウンターまで案内してくれて
チケットカウンターのお兄さんも
明日何時にどこに来ればいいかを説明してくれて。

なんだ、みんなすごい優しいじゃん。
あれ?
誰だっけ
「ネパールなんて大嫌いだ~~~!」
と大泣きしていたのは?

 

・・・・「バスを見つける」「チケットを買う」という
とてもシンプルなことだけれど、押しの強い親切心のネパールの人たちがいなかったら、出来なかったことだなぁ!

小さなことだけれど、それらが出来たことで「大丈夫!」というほんの少しの自信になったと同時に、それらが出来たのは親切な人々のおかげであることで、その人たちの事が何だか好ましく思えてきました・・・^^

 

さっきもお洗濯ものを預かりにお外へ出たら、同じビルに入っているスパに勤務の子たちに出会って
「ネパールのポップコーンだよ!」
「ネパールクオリティだよ、いいでしょ!」
「持ってき持ってきーー!!」
と、
その子たちが食べるはずだったと思われる
揚げたてのポップコーンを袋毎もらってしまいました。

 

押しの強い親切心と気前の良さ、なんだか段々心地よいというか、嬉しくなってきました(。・ω・。)ノ♡

 

さて、明日からインド国境にほど近い東ネパールはイラムへ、最高のお茶を求めてバスで約20時間かけて行って参ります!
….20時間で着きますように!

 

※イラムまでは実際には確か100kmほどしか離れてない
※ネパールの人が大声な理由が分かった気がした今日
(騒音の中自ら声を上げなくちゃならない)
※それにしても、ネパールもどこでも・大概の人が英語を話せることに驚きと喜び。

Advertisements