Nepal / travel

無尽蔵にある」と根底から思っていると、環境が変わっても、再びそうなるんだなぁと思った話

<「無尽蔵にある」と根底から思っていると、環境が変わっても、再びそうなるんだなぁと思った話>

ネパール暮らし、色々開眼させられます。

「世界は自分(の想念)が創っている」といいますが、
詳細を書くとまたなが~~くなるのですが、お金・食べ物・愛・資源・・・まぁ何であれ、
心の底からそれらが「無尽蔵にある」と当たり前に思っていると、
自身の環境が変わろうとも、その「無尽蔵にある」状態に意識的にか無意識的にか、そうゆう環境に作り直しちゃうのだなぁと、周りの子たちを見て思いました。

 

例えば、食べ物が無尽蔵にあるのが当たり前な環境で育った子は、都市部に来て暮らし方が変わっても、食べ物が無尽蔵にあるスタイルになる。
(畑でとれる食べ物も、スーパーで買える食べ物も違いはなく、「ほら、食べ物はいつだって無尽蔵にあって手に入るんだよ」みたいな)

例えば、お金が無尽蔵にあるのが当たり前な環境で育った子は、暮らし方・環境が変わっても、お金が無尽蔵にあるスタイルになる。
(家族から入ってくるお金でも、自分の稼ぎや、パートナーの収入でも違いはなく「ほら、お金はいつだって無尽蔵にあるんだから心配するなよ」みたいな)

 

・・・と、なぜこんなことを書いているかというと、
ハルカとラッセの食べ物をめぐる小競り合いを見ていた
そんな無尽蔵組からの言葉で気が付いたのです。

(食べ始めると止まらないハルカちゃんが、自分の分だけでは足りなくてラッセのかつ丼を食べ始めて、それにラッセが「僕のかつ丼がー!」と、2人で食糧危機サバイバルをしていたことから・苦笑)

・・・そうなんだよね。よーーく考えたら、またあとから買えば良い訳だし、「あるじゃん!」なんだよね。
なのに目の前からかつ丼が消えていくとプチ・パニックになる私たち。。。。
よーーーーく考えたらそうなんだけど、根底の物事への設定が、私たちは
「有限」で「消える」で「足りない」
なのだなぁと気が付いたのでした。

や、無尽蔵にあるって思える意識、いいなぁ、ダウンロードしたい!!!
から、小さく小さく、日常のささいなことから、
「意識して」、
「あら、たんまりまある♡」を
落とし込んでいきたいなと思った次第です(。・ω・。)ノ♡

 

Advertisements