Nepal / thoughts / travel

人の優しさや旅の孤独について思う

自分がすごく、悪い意味でとても日本人的(もしくは東京の満員電車的)あなぁと思うのは、人に対して冷たいというか、何か通常ではない事態が起きているのを目にしたら「なんか変なことが起きてる」「かかわらんとこ」って思って、知らんぷりというか、立ち入らない様にしようとするところ。 もともと社交的な方でもないし、多分だけど、良い人間関係を長く続かせる努力をするよりも一人でゆったりしている時間に自分のエネルギーを注ぎたい、と無意識に思っている節もあるせいもあったりして。 だから優しくしてくれる人たち、助けてくれる人たちというのが本当に嬉しいし感激するし、自分には思いつかない発想だったりするからとても尊敬する。   何かというと、私の泊まっているホテルには北欧ボーイズが数人いるのだが、そのうちの一人のオジサンのことでのラッセや他の北欧ボーイズの優しさに、私はいい意味で(もしくは私の心境に焦点を当てれば悪い意味で)とても感銘を受けたのです。 おじさんは英語が得意じゃないみたいで、私や他のお客さんとはあまり話さなくて、ラッセたちがいたら母国語のスェーデン語で話をする、みたいな感じで。 そんな訳で私はあまりおじさんのことを知らなくて、今日は私とラッセはお昼はご飯を食べに出かけていたから知らなかったのだけど、今日おじさんはホテルで””とても変な行為”を、そして路上で、もし警察がいたらつかまり即連行されかねない行為をしていたそうで。 で、それについてラッセたちはその事情を知っていて、 だからこそ 「どうしたら彼を助けてあげられるかな」、 「彼を僕らの仲間に入れてあげたらどうだろう?」 「孤独感が減れば、彼の症状もおさまるんじゃないか」 って、 彼の力になってあげよう、 彼を楽しませてあげようって 真剣に話し合っていたのね。 ・・・もー、びっくりした! 正直私はその午後の話を聞いただけで 「やばいじゃん。そっとしといてあげようよ」 「彼には彼の事情があるし、そうせざるをえなかったんじゃない」 って思ったのだけど、 それはひいては 「なんか面倒なことになりそうだ、かかわらない方がいい」 って奥深くで思ったからなのね。 事情を聴いてさえも、 ラッセたちが親身になるほどには 同情というか、何かしてあげようとは思いは湧かなくて。 そうだったのか~、ほぅ~ん、みたいな。 だがしかし、彼らは 彼をわざわざ探して見つけに行って、 彼を私たちのティータイムに 誘ってあげよう、 その際はこのトピックは避けてこんな感じで 迎えてあげよう、みたいに滅茶苦茶親身で。 ・・・私の中にはそこまで誰かに親切にするというか そこまで誰かに立ち入ること・ その事情を超えてまで立ち入ることが 実際にも考えにも無かったからもう本当に衝撃で! ここまで人の気持ちになって優しくする人たちがいるんだ!って思ったら、びっくりしちゃった! 私の辞書にはない概念・存在しなかった優しさを目の当たりにしたというか。 みんな、こんなに他人に優しいものなの? みんなのその優しさを見ていたら、自分がとても冷たいというか 人に興味が無い人間なのだなぁとしみじみ思ったというか ラッセたちのその様子を、スクリーン上に見ているかの様に思える位だった。 ・・・それと同時に 旅に暮らすということの、ダウンサイドの可能性も目の当たりにした気分になった。 どこかに定住するということは、何かのコミュニティなり人間関係に所属することになり、移住を続ける暮らしに比べると人間関係の動きは少ないと思うのね。 私は多分、微妙な人間関係の軋轢とか駆け引き?みたいなものが非常に苦手というか全く分からないというか「要らんな」と思っている部分があるにもあって、それが理由ではないけれど、数か月ごとに住む場所を変えるスタイルがいいなと思っていたのね。 でも今日の一件を聞いたら、移住し続ける・旅に暮らすということは常に新しい人に出会い続けることであり、新しい人に出会い続けることというのは、その出会う目の前にいる人は「今」「その瞬間」の私しか知らないし、それによってのみ私を定義するのだということ。 私は今ラッセとともにいて、ここに来るまでの色んな”歴史”を共有し合い、ここに来てからの一切の不機嫌や喜怒哀楽も共有し合っていて、つまりこれまでのいろいろも含めた今の自分を知っている人とともにいるけれど、、、。 一人で旅暮らしをすること、そしてそうして歳を重ねていくこと。 「孤独感」は、人を変えてしまうのかもしれない。 「自分の居場所・心のよりどころ」、それを 誰かや何かに求めなくても、自分が存在していれば大丈夫、というのは素敵だけど、 人間だもの、やはり誰かに愛され愛し合いたいよね。 … Continue reading

food / memo / Nepal / travel

カトマンズのおすすめいろいろ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

カトマンズについてはや十日を過ぎ、体調を崩しまくっていて遠出できずのため ご近所にごはん&お買い物してホテルでゆっくり過ごすという日々を過ごしています。   ということでハルカのカトマンズおすすめスポット紹介!! ・・・・・・・・・・   ①「The Garden of Dreams/と、園内にあるレストラン・Kaiser」:: 混沌のカトマンズにあって扉をくぐるとここだけ異世界・天国♡ 外国人観光客エリアのThamelタメルから徒歩約5分! ラナ家の軍帥の宮殿を改装した広々とした美しい敷地は 花々が咲き乱れ、リスや小鳥が楽し気に暮らし、 喧騒から解き放たれ、そこにいると天国か楽園かにいるかの心地になります。 人混みや喧騒に疲れ果てたら、ここでエネルギーチャージをしましょう! 庭園内のレストラン「Kaiser」もとてもおすすめ! テラス席に座って ネパール料理やインターナショナルフュージョン料理を楽しみましょう♡ 午後にはアフタヌーンティもできるそうですよ♡ (水牛チーズのサラダとチーズリゾットの様なご飯のセットがおいしかった!) (お値段からしても外国人向けですが、それでもお魚料理は避けたほうがいいです) (お肉類が食べたかったら、チキンや豚肉の、しっかり火を通したものにしましょう)   ②「Gillincheギリンチェ」 安くて美味しいチベット料理のお店♬ タメル地区の2本の中心通りの右側の中心通りにあります。 少し引っ込んでいるとk路なので、看板を探しましょう♬ ほうとうのようなthentukタントゥクという麵料理がおいしい! 味噌テイストで大根や青梗菜などお野菜たっぷりなのも嬉しい! 豆腐グリーンサラダも、 豆腐・オリーブ・玉ねぎ・トマト・ピーマン・グリーンリーフレタスがたぷぷりで おいしい! ネパールのお茶と言えばのマサラミルクティーも 小さいポットでも大きめ・たっぷり入っています!! おなか一杯美味しく!かつ安く食べたい人におすすめ♬       ③[ZAIKAザイカ] タメルの中心通りの左側の通り。 ニューオーリンズカフェからおよそ1分・ 「ホテルレッドプラネット」に入る小さな通りにあり、かなりわかりにくいかも! 「カフェ」と歌っていますが タイ料理、中国料理、西洋料理も作っています♬ 小腹がすいたときにサンドイッチが食べたくなったらここへ行きます! なぜならボリュームたっぷりなサンドイッチ×2つに フライドポテトもつけてくれるから! (とても大きなバゲットを2つにカットしてくれます) 通常のハンバーガーショップの1/2の感覚なので 2人旅をしている私たちには嬉しいばかり♡       ③「Black … Continue reading

Nepal / steps of life / travel

ネパールでカルチャーショックを受けています/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-71

先週からネパールにいます。     好きになろう、いいところを見つけようとしてもそれを圧倒するストレスのほうが多くて、もやもやがたまっていってついに爆発してしまった。    身ぎれいにすること、 お気に入りの靴を履くこと、 ティーポットでお茶を淹れること、 料理をすること、 野菜と果物をたらふく食べること、 (美味しいバナナ)、 2人きりでぬくぬく完璧にひきこもること、、、 そういった自分を幸せにする小さなことが出来なくて、 いや、 全然違う環境だからって「なくてもきっと大丈夫」って 我慢して・諦めて、 だから日々の小さな「あぁ幸せ♡はぁ~好き♡」が無くなって。     上下左右常に気を張っていないと歩けなくて 排気ガスと粉塵とガスか何かの異臭に 不協和音のバイクやクラクションが常に街に満ちていて 好きなはずのお散歩も のどの痛みと嗚咽感で2キロと歩けない。 鳥小屋みたいなトイレはただでさえ清潔とは程遠いのに みんなの使い方がひどすぎて この世の終わりみたいな汚れ方をしていて 魂を吸い取られそうだし トイレに併設されているシャワーは 基本お湯は出ない。   すべてに圧倒されて感覚がマヒして、 自分が何を感じているのかわからなくなって。 そうしたら自分のことも好きって思えなくて、 鏡に映る自分がすっごい不細工で絶望して。 自分のことも好きじゃなければ なんでラッセといるのか、 ラッセのことが好きなのかどうかもわからなくなって ネパールに至ってはもう何もわからん。    だから 日々の幸せ感を呼び戻そうと 自分専用のティーポットを買いに出かけたけど、 道に迷って車に引かれそうになって バイクに突き飛ばされそうになって においと粉塵で気持ち悪くなって帰宅せざるをえず、 ティーポットひとつも買えない、 自分が何もできないように感じて。     出会う人たちは本当に素敵な人ばかりなのに 私はトイレとか道を歩くとかそんな根本的なことを 不満に思ってグチグチしていると思うと 自分が取るに足らない存在に思えて なんだかすべてがいやになって … Continue reading

food / herb / tea

Roasted Dandelion Root by Traditional Medicinals/トラディショナルメディシナルズのたんぽぽの根のお茶

トラディショナルメディシナルズのたんぽぽの根のお茶 (In English Below↓)   西洋たんぽぽの根をローストしたお茶♡ ハーバルサプリメントとある様に、色んな効果が期待できるお茶だそう♡ でも、そうでなくても美味しくてまったり癒し効果抜群のお茶です♡         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ トラディショナルメディシナルズより::   あなたのこころに: こころに元気と強さを与え、包み込みながら回復を手助けします   ハーブの効果: やさしく肝臓を刺激し、消化を助けます   愛する理由: 一度たんぽぽがあなたの生活の中に入り込めば、この「やっかいな雑草」を前と同じ様には見れないでしょう。 ペルシア語では、この花が良い知らせを運んでくると信じられていることから、「小さな郵便やさん」と名付けられました。 消化時の志望の吸収を抑え、余分なものを体から運び出すのを助けるデトックス作用のある、このまろやかな苦みのあるほうじ茶を、あなたは愛さずにはいられないでしょう。   味わい: ローストされたまろやかな味わい。甘さの中にほんの少しの苦味。 ・・・・・・・・・・・・   このお茶シリーズは全て3~4人分・急須で飲む場合を想定して書いています♪♪       1-1. 飲み方: 100℃で10~15分 (長くない⁈と思ったのですが、 +濃いブラウンの色を見て「濃過ぎじゃない?絶対苦い!」と思ったのですが とてもまろやかです)   1-2. 水: 日本の水道水・軟水で飲んでいます。   1-3. 茶器. カップ1杯だとかなり濃い味になります。 陶器やガラスのティーポットで出してもOK♪   2. 水色:かなり濃いブラウン♪   3. 香り: … Continue reading