life / love

「愛とお金と『日本人なのに』と」

改めて思う、私は恋愛がパートナーがパートナー一緒にいることが
何よりも何よりも大事だ。

 

 

パートナー依存?
よかろうよかろう。

 

恋愛至上主義?
そうだとも。

 

自分が無い?
くるしゅうない♪

 

 

 

何といわれようが(や、自分が自分に言ってただけか笑)、
私はパートナー無しじゃ生きていけない。
恋していなくちゃ、愛していなくちゃ、生きていけない。

 

もう何とでも言ってくれ、しょうがない、だってこれが私なんだから。
変える気すらさらさらない。
と、自分に自分で降伏。(こうふくする≒幸福する。❤!)

 

 

 

去年も(や、いつも?)言っていたが
「愛さえあれば、オールOK」
だなと。

 

 

 

去年までは
「愛さえあれば何も要らない」と思ってた。

今年に入って
大好きでたまらないパートナーに出会って。

「や!愛だけじゃなくて他もいるお!」と気が付いた。笑。

 

 
そして最近また
「愛さえあれば、オールOK」と思う。

 

 

 

「愛さえあれば、あとはシンプル」という意味で。

 

「愛があるから、クリアになる。何でもやれる。」みたいな感覚。

 

 

 

 

 

というか、今まで

「イケメンがいればいいぽ❤」
「パートナーがいればいいぽ❤」

 

と散々言ってた割に
行動レベルまではそうしてなくて
自分の恐怖や不安にとらわれてた。

 

パートナー・愛・イケメン  <<<<<   自分の楽ちんさ・不安や恐怖からの逃避

 

 

それに気が付かせてくれたのも
やっぱりラッセどんだった❤

 

 

 

ううん、ラッセだけじゃない。

 

 

 

実はこれまで出会った無数の情報・ことばや
沢山の人たちもそう。

 

見えてなかったし分かってなかったんだ。

 

 

 

今になってようやく、私にとって何が最も大事なものなのかがハッキリわかったの。

 

 

 

愛・パートナー  >>>>>>   自分の楽ちんさ・不安や恐怖からの逃避

 

愛・パートナーさえあればあとは何も要らないんじゃなくて
愛・パートナーがいるから、後は何だって大丈夫・見える/生きる世界がとてもシンプルになった感じ。
「でも」が消えて、フォーカスされてクリアになっていくの。

 

 

 

わたし、わたしが大事なもの・私がだいすきな時間・空間のためなら
なんだってがんばるお❤❤❤

 

 

………………………………

 

 

 

今日の説明会&面接では

「1人暮らしをするから、家賃が要るの」と
私の恐らく一回り違うであろう女の子や

 

「腰に持病があって痛くて」というご年配の方など

 

年代の違う女性たちがいて、

 

でも

 

「何時からでも結構です。やります。行きます。」と
サクッとシンプルに
働こうという姿勢に
すごく何だか打たれたんだ。

 

 

 

あぁ、何かを決めている人は
言い訳も何もせず
ただ
やるんだなと。

 

「これが欲しい・あれがしたい→お金が要る→稼ぐ・手に入れる」

 

って、スムーズで

そこに 「でも・・・」は無いんだなと。

 

 

 

 

すごく触発されました。

 

 

 

 

 

(面接では「国籍はどこですか?」と聞かれたよ!)

 

(ん?免許証にも履歴書にも名前書いてあるけどな?)

 

(「日本です」と答えた後受け答えをしていてら、しばらくして再度
「・・・日本人ですよね?」と聞かれたよ!)

 

(イントネーションが違うらしい・・・・)

 

 

 

日本人なのに、日本語がおかしかったり
日本人なのに、外国人のパートナーに養ってもらっていたり
日本人なのに、外国人のルームメイトたちに仕事を紹介・斡旋してもらったり
「日本人なのに」、これをすっごくよく言われるけれど、
私的には「社会的生物のはずの人類なのに」、ということばの方がしっくりくるの。

 

うまく言葉に出来ないのだけれど
「よき人間」になるために
この私を使って生きているんだな、って。
 

Advertisements