cloud funding

北欧の色んな価値観・在り方に触れて、視野が広がり心がゆるんで生きやすくなった話・その1 家族

「北欧の色んな価値観・在り方に触れて、視野が広がり心がゆるんで生きやすくなった話・その1」

 

○○家族の在り方○○

 最近家族との関係のこと(とお金♡)でfacebookを埋めてきたので
第一弾は北欧で感じた家族の在り方の多様性について♪
……………………………..

 

・”家族”の範囲がひろいこと
「今日からおでかけするから、元彼のところに子供たちを預けにいくの」
「明日の子供たちの誕生日パーティには、彼氏と、娘の父と、息子の父と、元彼も来るからとても賑やかだわ」

 

 

子供たちのお父さんが全員違う、ということは
よくあることだし、
そのそれぞれのお父さんたちや元彼・元旦那さんたちとも
”家族”として良好な関係を築いている(こうと務めている)
そんな在り方がとても新鮮だったの。

 
子供たちは
姉のお父さん、弟のお父さん≒僕の家族という風に
血のつながりは無いお父さんも家族として認識していて
それが素敵だなぁって思ったの。
自分の家族だ、信頼しよりどころとなると思える人が多くいるって
すごく幸せなことだなぁって♡

 

(「今週から出張だから、元旦那と元彼たちに子供たちを預かってもらうの」みたいに、
子育てを皆でサポートし合えるのも家族が多いからこそだなって)
 

頼れる人・大好きな人が沢山いるのって
素敵だなぁって、北欧の家族の在り方を見て思ったんだ♡
 
そうそう、
それと結婚も本人たちの自由だったり
(だから、日本でいう事実婚・パートナー同士のままのカップル率高し)
(子供たちが成人を迎えたから、記念に結婚するか、みたいな感じとか)

 

付き合う→同棲→子供をもつ→家族になる(で、結婚したりしなかったり)
という流れが一般的だったりして
その時その時に関係を築いていくこと・
精神的なつながりを
大切にする在り方が
素敵だなぁ~って思ったの♡
 
・色んな子育て・教育もOKなこと

 

 

世界中でワークショップやセミナーで飛び回っている
イギリス人の女性は、2人のお子さんといつも一緒。
ホームスクーリング、というのかな?
読み書きや計算は彼女や、彼女のビジネスパートナーの
元旦那さんがサポートをしたりして。

 

 

「様々な環境での経験や人との出会いを通して
自分で考える力や生きぬく力を身に着けることが大事と思うから」
という彼女。

学校に行かない、世界中を旅する、という選択もあるんだ!
ということに驚いた!

 

 

&彼女の子たちは10歳位だったけれど、とても
しっかりしていて、のびのびとしてた♪
(・・・物事への意見とか私よりしっかりしてたと思う^^;;)
(あ、ラッセもそうだねそういえば!)
(旅と人との出会いは、人間をものすごく成長させるのかな!)

 

 

もちろん、子供たちの意見も尊重していて
下の子2人が彼女と一緒に世界を回っているけれど
上の子は途中からイギリスで暮らしたい、 という想いから
単身イギリス暮らしを始めたり。

 

 

学校に行く・いかないって、子供の頃にはとても
大きなことだったと思うけれど
それも子供たち自身に考えさせて
自由に選択させるというスタイルが素敵だなって思ったの。

 

 

彼女みたいに、子供たちと毎週世界を飛び回って、という
暮らし方や
ラッセ家族みたいな思い立ったら国を越えて引っ越したり、
という暮らし方は
イギリスでも北欧でも一般的ではないけれど
そういった子育てや暮らし方を受け入れる土壌がある、
ということが何より素敵だなって思ったんだ!

 
・・・・・これらの家族の在り方・子育ての在り方がが
どの様に私の生き方に影響したのかというと
明確には自分でも分からないけれど
でも
「こうでなければならない」なんてものは
無いんだな、
自分の思う様に生き方を作り上げていいんだって
思って、とても楽になったんだ

 
 

↓私たちの医療大麻農園ファンディングはこちら♪

https://camp-fire.jp/projects/view/12875

Advertisements