travel

カリフォルニアの大麻農園ボランティア調べの途中経過♪

カリフォルニアですることのひとつ・大麻農園でボランティアについて調べています♪
自分自身の頭の整理のためにも、ざっくりまとめてみました^v^!!

 

 

( 1.大麻農園ではたらく
2.パーマカルチャーファームやオーガニックファームではたらく
3.エコヴィレッジやスピリチュアルコミュニティに滞在
4.カカオセレモニーやスピリチュアルイベントに参加
5.ダンスパーティに参加
6.ロー・ヴィーガンフードパーティやイベント、カフェをめぐる&新たな食材など愉しむ♡
7.もちろん自然散策<海でゴロゴロや山・丘でリラックス>)

 

 

 

で、大麻農園ボランティアの調査の途中経過をざっくりと::

 

 

 

 

 

・ひとくちに「大麻」と言っても、沢山の種類がある!
(食用、医療用、嗜好用などそれぞれで沢山の種類がある!)

 

 

・加工前は結構匂うらしい….
(仕事着は汚れやにおいがついても構わない服で≒匂いやべたつきはとれませんので!だって!)
(エキスによって爪が変色するけれど、普通のせっけんでは落ちないらしい….)

 

 

 

・大麻農園がある北カリフォルニアの
フンボルト・エウレア・トリニティ郡を結んだ▲地帯を
トライアングル地帯と呼ぶ

(特にフンボルト郡のグレインヴィルという地域が盛んな様子)
(本当に山の中!!)
(ちゃんと電話もwifiも通じる農園もあるそう、ふぅ!)

 

 

 

・9月末から12月まで収穫シーズンで、世界中から農園ボランティアにやってくる
(地元の大学生や、ヒッピー、旅人、放浪者、季節労働者など)

 

 

 

 

・現金で賃金が出る!!!
(わぁお! 一週間で日本円にして三十数万円稼いだ人も!)
・一日10~16時間の長時間労働
(わぁお!・・・16時間も働いたことない…….出来るかな?)

・椅子に座って大麻の剪定・道具は各自持参

 

・山間地の農園が多く、水が大変貴重
≒シャワーや洗濯機が無いことが多く、シャワーや洗濯をするには麓に下りなければならない

 

・農園により、住み込みで働くための住居がある場合と無い場合がある
≒テント持参すると良い、またキャンピングカーで来る人も
≒季節労働者・特に大麻農園で働きに来る人たちのことを
trimmigrantsトリミグラント=トリム(刈る)+イミグラント(移住者)と呼ぶ

 

・食べ物は基本的に農園側から支給される

(ロー・ヴィーガン、ヒッピーなどオルタナティブな暮らしに傾倒する人たちが多いからか)
(食事はベジタリアンの農園が多く、中には全てオーガニックの食材であったり)
(マテ茶ラテwithカカオ&マカ、なんていう「too good to be true」
素敵過ぎていささか信じがたい、スーパーフードラバーにはたまらないメニューを出すところもあるそう)

 

また

 

 

・ルート101からヒッチハイクして、ぱっと言ってすぐに農園で働ける訳ではない
≒合法のしっかりした農園では「熟練の身元がしっかりした人≒地元の人や長期経験者」
を少人数採用する、ということが多い
≒あらかじめ農園とコンタクトを取り、採用されてからの方がよい

 

 

・「女性ワーカー募集/女性ワーカーのみです」というところは非常に要注意
≒女性就業者が少なく、また農園は市街地から非常に離れた山間部が多く
例えば「トップレスなら賃金を30%アップする」などというオファーをするところもある。
≒就労する前に、契約内容・同僚・農園の雰囲気などをよく見て、
少しでも怪しければ他の農園を見て回った方がいい

 

・雇用契約条項を確認すること
≒上記の項目に通じるが、給料未払いや、農園経営者とのトラブルなども発生している。
そうならないために、
雇用者・同僚はどんな人たちか、
雇用内容(労働時間・何をするか・給料の形態/支払方法・農園全体の雰囲気etc)

よく調べて、もし納得がいなかいor怪しい場合は
時間や労力がかかっても、他の農園も見て回った方がいい

 

 

 

・・・・と、こんな感じかな?

 

 

 

合法化してから日が浅いから、
合法化してから働いた人たちの記事が少なかったからかもしれないけど
「完全に安全・安心とは言えない環境にいる」
「常に緊張感を持っていなくてはならないし、自分のことは自分で守らなくてはいけない」
という文面は、誰の文にも見られたな!

 

 

 

ホステスの様に夜の仕事の時と同じく

完全に「白い」とは言い切れない業界であることや
農園によって全て本当にさまざまであること

を感じて、やはり大麻農園業も
しっかり調べて、自分の目で確かめ、肌で感じることが大事だなと思っています!!!

 

 

 

あと、調べていて思ったのは
大麻もジャガイモやピーマンや玉ねぎと同じく植物だけど
同じように収穫しても、こんなに賃金が違うなんて‼とビックリ。

 

 

 

ベースの収穫する人たちの賃金がこんなに高いのなら
大麻に携わる業界の人たちは、さぞやすごいお給料なのだろうなぁ!と思ったら
今やアメリカではIT産業に次ぐ急成長拡大中の産業なのですって!
(大麻シェフなるものも募集されてた!)
(色んな職業があり過ぎてよく分からないけど、大麻シェフだけ目が留まった・笑)

 

 

 

 

 

調べていたら医療大麻について興味が沸いてきた!
大麻は、と漢方やハーブ、アロマ療法などといった代替医療
≒科学的な検証は無い(とされている)が、効果があるとされているもの
の分類なのかと思っていたけれど
アメリカではれっきとした医療の一部なのだそう!

(医者からの許可があれば使用が可能、とされているもの。州による。)

 

 

州によって違うのだろうから、カリフォルニア州での
医療とはどんなものか・
その中での大麻医療とはどんな位置づけでどのくらい認知されているのか
どの様に使用するのか
また他の代替医療とされているものはどの様に認知され広まっているのか
などを引き続き調べてみよう&こようと思います♡

(と、いうより私の好きな、ハーブ療法や漢方・東洋医学、アロマ療法などはどんな位置づけで
どんな人たちがどのように用いているのか)
(カリフォルニアでの大麻の使用はどの様にされているのか)
(→大麻チョコや大麻ケーキ、アイスクリームとかあるそう!)
(美味しいのか?どんな味なのだ?)

 

 

 

 

今北カリフォルニアにいくつかある、農園の組合に
農園のリストをもらえないか連絡をしているのだけど
カリフォルニアに発つ前に農園と連絡を取りたいなと思っているので
まだまだ大麻農園情報(と大麻と、医療大麻とetc)を探っていきます~♪

 

&、他にもカリフォルニアでしたいこと・生きたいことについても
調べていきます~♪♪
こちらも気が向いたら乗せるね☆

 

 

 

知らないものを知るのって、面白いね~♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日からデンマークの友人カップルが来日♡
欧州で第一線で活躍する緊縛師でありカップルセラピストでセクシャリティセラピストの2人、
一緒にいてとっても気持ちが安らぐ
&思わず「きゃ♡いいなぁ~>v<♡」って憧れちゃう、ラブラブ夫妻なのだ☆!!!

(「付き合って15年、結婚して5年たつけど、いつも尊敬して更に惚れ直しちゃうの♡」って彼女が言えば
それを優しく微笑んで見つめ包み込んでいる旦那さん♪)
(やんやん♡)
(2人の緊縛は、そんな2人のラブラブな在り方・生き様がそのまんま現れていて)
(きゅーーーーーーーん♡♡♡としちゃうの>v<♡♡♡♡)

 

 

今回は2人の緊縛を観られないけど、また2人のラブラブオーラに包まれて
幸せで心地よい時間をご一緒するのだ^v^♡♡♡

Advertisements