invited/ people / invited/info,things / life / travel

近況報告その①・来週からカリフォルニア行きます! でも、チケットが買えません! なので応援して下さい・お金を下さい! もしくはカリフォルニアに来週飛べる マル秘裏ワザなど教えてください!!

※どないやねん!やっぱりアンタら意味分からんわ、
もうええわ、と今うっすら感じた方は、この先を読むと更に
その思いが倍増することでしょう。

 

※いつもに増して長くて3部に分けました。

~~~~~~~~~~~~

 

 

 

今朝facebookをオープンすれば
ヒッピーで舞踏ダンサーの友達が
遂に移住した大好きなメキシコで美しい詩を謳い、

 

日本語が上手すぎるヴァイキングの友達が
スペイン・欧州でヴァイキング生活を再スタートした喜びを語り、

 

ヒップホップダンサーで世界をめぐる友達が
精神世界の学びと旅についてインドで想いを廻らし、

 

・・・あぁ、素敵だなぁ♡
「こうしたい」って思って
やってみたら
叶うもんなんだなぁ。
皆人生を本当に愉しんでいる。。。
そして私も
皆の仲間入りをするんだ♡!!!
とじんわりと心が温かくなったのです。

 

 

さて、そんな朝にラッセから連絡が来ました。

 

「おお~い!今調べたら来週だけ!カリフォルニアへのフライトが
奇跡的な値下がりをしているんだよ!」

「やっぱり行きたい! 僕は行く! ハルカはどうする?」

 

 

ここまでの話の経緯を書かせてください。

以前投稿しましたが
私たちはカリフォルニアで1~2か月滞在し
大麻農園で大麻を刈る仕事の手伝いをしよう!

 

(大麻は何故ダメと言われるのか、本当はどんなものなのか、
実際にこの目と手で見てみよう!)

 

という予定でした。

 

 

ただ、ネックとなったのがお金。

 
私はほぼ資金なし、
ラッセも潤沢にある訳ではなく
カリフォルニアに入国できても
帰りのチケットや滞在費は限りなくゼロ。

 

「日本でならいざしらず、カリフォルニアで
全くの一文無しになるのは、安全面などから考えても
得策とは言い難いし、
何かあったときに致命的なことになりかねない」

 

「大麻刈りは来年にだって出来るのだから、待つことも出来る」

とラッセ。

 

大麻刈りの話、私たちが出会ったころから
嬉々として「僕の夢なんだ♪」って語ってくれていたの。

 

「いつか自分の心と人生の準備が整ったら、子供が欲しい」

 

「孫も沢山いるといいな」

 

「そうしたら孫に語って聞かせるんだ」

 

「『じぃちゃんはな、若い頃にカリフォルニアに行ってな、
大麻を刈って来たんだぞ!』

 

『お前たちも、やりたいことをうんとして、
旅をして行きたいところに行って、
色んな経験をするといい』
って^^♪ 」

 

・・・・お金が無いから、お金を貯めて来年行こう、
それが妥当な考えかもしれない。

でも、本当にそれでいいのかな?

 

 

「僕は将来の目標とかゴールとかは無いんだ。
今したいことをして生きるだけ」
というラッセが
嬉々として語る夢。

 

 
「大丈夫、何とかなるよ!夢を叶えよう!!」

 

「あのね、私が好きな旅人作家の双子ちゃん達はね、
600ドルだけ持って北米アメリカ大陸縦断したんだよ!
きっと、いい方向に目と心を向けていれば大丈夫!」

 

と、大好きな作家さんの旅の話を交えて
ラッセの夢を叶えよう!と話をし
「そうか、じゃあ僕たちも何とかなるかな?」
「じゃあお互い、それまで判断はおいておいて
出来るだけお金がたまる様に動こう!」

と決めて
ラッセは欧州へ一時帰国をしました。

 

 

それからというもの
カリフォルニアに行くチケットを買うために
行動をしていったのです。

 

そう、お金にフォーカスして。
お金だけ!にフォーカスして。

起きてから寝るまで思考と行動をお金にフォーカス、
どうしたらお金を手に入れることが出来るか
手段は何でもいい、とにかくお金が欲しい~~~!!!

 

ところが面白いもので、
お金も生き物なのでしょうね、
「欲しい~~来い~~~捕まえたるわ~~~」と
必死に髪を振り乱してこられると
「怖いわ、このねーちゃん。 イヤやー!」
と、逃げちゃうのです!!!
・・・そう。
バイトの出勤日、パンパンに入れたはずが
なんと急にザザザザザ~~~クッと無くなってしまったのです。。。
え、こうゆうことってあるの?嘘でしょ??

 
なんでじゃーーー!!!
金金金金金金金!!かね!マネー――――!
とデスパレートしました。

 

ラッセと途中経過を報告し合い
お互いにどの位お金があるかという話をし
私同様ラッセも、
臨時復職したけれど上手くいっていない、
と言う答えで、
「カリフォルニアはいけないかもしれない」
「日本にそのまま帰って、旅人を続けよう」
という話になりました。

 

チケット買えないか、カリフォルニア行けずか。。。
という想いと、
お金のことは一端おいておいて、
もう一度。
 

本当に本当に
ほんとうに
思い通りになるのだとしたら
どんな風に生きたい?どんな時間を過ごしたい?
お金が手元に無い時だからこそ
その「ない」を理由にせず
妥協なく、
自分がどんな時間をどんな風に過ごしたいか
考えました。

 

そして出てきたのが
土と自然と共に暮らすと同時に
世界の美しい光景と人々に出会い続ける
現代農耕採集遊牧民なのです。

Advertisements