steps of life

久しぶりにデスパレートしてます・笑/ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレストDay-30

はいはいはい愚痴を書くよ!

「ハッピーハウスワイフィ&ハビィ・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きている観察日記/ブレスト」
シリーズの記念すべきDAY30が
まさかの愚痴!笑

 

愚痴とはつまり
誰かや何かに行っているように見えて
実のところ
そんな環境や待遇にとどまっている・
そう仕向けている
自分自身に対して言っていることだと

分かってても書いちゃうよ!

 

 あ、そうゆうの良いです~という人はこの時点でスルーしてね☆
・・・・・・・・・・・・・・・・
一言。
 ラッセばっかりズルい~~~!!!!!
みたいな!!!!!
なんか尽くす女みたいというか
シュガーママみたいというか
そんな風にも読めるけれども
や、
本当の尽くす女やシュガーママは
それが大好きだからしているのであって
こんな風にせこかったりデスパレートしたり
1ミリたりとも思わないのだろうけれども!!!
(つまり私は何なんだ、ガメツイ女だな!庶民だな!)
私がこれまで二人の家賃から生活費から
払って来て、
色々あやふやなところとか
「え、、、、私が全部払うんかいな?」と
思い若干くすぶりつつも
「ま、ええわええわ!2人の生活だし!」
してきた訳だが
いざ一文無しに私がなったら
「僕払ったじゃん。
むしろ僕の方が払っていると思うけど。
え、これから僕が1月ハルカの”面倒をみないといけない”の(-_-);;?」
って
さも鬱陶しそうに言われて、
ハルカは超超超超超超!超絶ショックで
10歳くらい老け込んだに違いない!
金額じゃないの、その鬱陶しそうに言われたのが
ショックなのー!
「そっか、一文無しかぁ、面白いことになったねぇ!
ハルカこれまで僕たちのためにって
経済的にも尽力してくれたものね。
これからは僕に頼ってね!」 

って
たとえ嘘でも

お得意のスィートトークを

 

私に、
私に!
わたしに!!!
パートナーの
あなたの愛する
わたしに!!!
ハルカちゃんに!!!
 言って欲しかったのーーーーーーーー!!!
ぱああああああーーーーーーーーーー!!!!
わたしにももっと優しくしてーーーーーーー!!!
甘い言葉をかけてーーーーーーーーーー!!!
誰よりも甘くて
歯にしみて歯槽膿漏になるくらい
甘い言葉をかけてほしいーーーーのーーーー!!!!
 ぎゃああああああああーーーーーーーーー!!!
 あああああああーーーーーーーんん!!!!
 ぬおおおおおおおーーーーーうううううんんんん!!!!
 その根底にあるのは
 「2人の生活だから、お金を気前よく気持ちよく使おう」
 と、
 思いつつも
 それでも片隅のはしーーーーこの方で
 損得勘定をしていた
 ハルカちゃんがいたからな訳なのです。
 片隅で「しかし私ばっかり払っとるがな」って
ぶつくさ不満でいっぱいのハルカちゃんが
良い顔をしようとするハルカちゃんを
蹴っ飛ばしていた訳です。
 言うたら
 自分を反映させてるだけの話ですが、パートナーに。
 ぐすん。
 上の言葉全部、私の中のわたしが、私にそう言って欲しかった
そうして欲しかった訳なのです。
 て、いうか、さぁ。
 最初っから
 似非・がんばろう!をしようとせずにさ
 最初っから
 ハッキリしっかり思いっきり
 「ラッセ~~♪ 払って~~♪」
 「ラッセ~~♪ 買ってきて~♪」
 「ラッセ~~♪ お金ちょうだ~~い♪」
 「ラッセ~~♪ 足りな~い♪ もっとお金おろしてきて~♪」
 って言えば良かっただけの話じゃないか!!!!
 ぬううううおおおおおーーーー!!!!
 こんちきちんんのあほんだらーーーーー!!!!
・・・・・それも、
これまで思えば
はっきりとそう言わずに
「払わせる方向・お金を出させる方向に自然となる様に画策していた」
つまり
可愛くはっきりシンプルに言う代わりに
無言の圧力で仕向けていた自分がいて
それをそっくりそのまま
今度は自分に対してやっていただけじゃないか。
(わざわざパートナーという写し鏡に映して。)
 あああああーーーーーー!!!!!
 私ってなんて超小市民なの!!!!
 女王様の様に
 「おい、手元にないぞ♪ お主なんとかせい♡」
 って、
 頼めばよかっただけじゃないか!
 ぱー!
 おおおーーーー回りくどい!
 回りくどいし鬱陶しい、
いちいちこすい、やり口が!
 ぱぁ!
 ・・・だから鬱陶しそうな顔をラッセドンにされるわけですな。。。
 ・・・あぁ、もう
 つまり自分過ぎて超恥ずかししやるせない。。。
 そんなんだから、ポケモンGOに嫉妬しちゃうわけです。
 (前はネットフリックスにもしてた・笑)
(だから一緒にネットフリックスを愉しむことにした・笑♡)
(でも私の携帯はパカパカ携帯。ポケモンダウンロードできん)
 ポケモンGOをラッセがダウンロードしてから
 すーちゃんと2人行動が多くなったわけですが

(ラッセがポケモンに夢中過ぎてしょっちゅういない)

(なのですーちゃんと私がカップルと間違われる。
←インコ系プリティガイなすーちゃんにも
「すーちゃんカワイイずら~♡」っていちゃこらしているため笑)

(戻ってきたラッセがいちいち「僕ら3人でカップルなの、3人で、なの♡」
と余計な説明をするため混乱を広める)

 すーちゃんに
 「ハルカもゲームをマスターしたらどうだい?」
 「・・・・男と女のゲームをね!」
 「スクリーンじゃなくハルカに夢中になる様
 女の手練手管を磨くのさ♪」
 なんて言われちゃう始末な訳です。
 もー書いてたらいっぱい出てきた!笑
 ラッセはすぐ人と仲良くなって
 色んなチャンスが回ってきて
 いいな~!
 私もすごい美女だったらいいのに!
 (って思ったけど
 デンマークで同じ状況で
 同じく沢山チャンスを頂いていたのに

 選びまくっていたのは「私」だった訳です。

 

 つまり、
 イケメンだのチャーミングだの
 関係なくて、
 「ラッセ」だし「私」だからなのでござる。
そこでどう受け取ってどう選ぶか、なんだな。
言い方ひとつで変わるコトとか、ね。 )
 とか
 ラッセばっかり遊んでいてずるい!
 とか。
 (や、実際これまでラッセの方が大分働いているんだけど。
 自分が悶々としているときに
 傍で話を聞いてくれないとか

 楽しげに遊びに行ってるとか

 

 要するに嫉妬ですが。照。
 要するに
 「悶々とすることをしている
 ≒自分が心から好きで
 喜ぶことをしている訳ではない
 ≒妥協している」
 からな訳です。)
 ・・・・・書いていたら、なんかちょっと落ち着いてきた。
 笑。
 つまりさ!
 私がラッセにも自分にも素直じゃないし
 うだうだ鬱陶しいし
 悶々としているからこうな訳で、
 もっと素直にシンプルに
 コミュニケーションをして
 好きなことや楽しいことに
 臆病にならず及び腰にならず
 純粋にやってしまえばいい話な訳です!!!!!
 ふぅ~~~、何だか思うままに書いたら
 何だかすっきりした!
 つまりそうゆうことですわ!
 そんな訳で今日ラッセがポケモンゲットだぜ!
 から帰宅して
 ポケモンマスターになっているかどうかは知らんが
 そうしたら
 「友達と出かけるねーん! お金ちょーだい☆」
 「え?ないの?
じゃあATMでおろしてきて耳をそろえて私に渡して♡」
 って頼も~♪
 今までは
 「そうできたらなぁ。。。」って
 ちょっとくすぶりつつ恐る恐る
 手回ししつつだったけど
 もう
 言わざるを得ないからね☆笑‼!!!
 じゃないとハルカちゃんディナーにもいけないからね!!!
 むしろ電車にも乗れないからね!!!!
 ウケる!!!!!
 ・・・・・こんなこと明け透けに書いて
 友達減りそう~!
 まぁいっか!
 ・・・・こうゆう状況になったら
 いつも
 「どげんかしてひとりでふんばらないかんぜよ!」
 って頑張って空回りしてたけど
 (でも不思議なことにしなないしどうにかなってた)
 本当はさ
 身近な人に
 素直にあっけらかんとシンプルに
 「助けて♡!」
 って言えばいいだけの話なのよねぇきっと。
 (瀬戸内寂聴さんと、敬愛する宇野千代の
 対談にもそんなことが書いてありました)
 (しかし寂聴さんも、そのお友達も、日本語が美し過ぎる)
 (私が壮齢になった時にそんな麗しい言葉を操っているのだろうか)
tls
 (画像はpinterest.comより)
 ↑「Blank space/Taylor Swift」の一シーン。
北海道ではマジでこんな感じの勢いで
 「なんやなんやなんや!!! ポケモンがどないなもんや!!
インターネットやwifiなんぞ無くなったらええねん!!
スマホなんぞ無くなったらええねん、こうしたらええねんー!!!!」
 デスパレートしてました。笑。
(←困り顔しつつも「おぅおぅおぅおぅ」ととめにはいるすーちゃん)
(なんでポケモンにそんなに過敏なの、
僕が小説を読んでるときは気にしないじゃん、と冷静なラッセドン)
 (私も夢中になる趣味とかオタクとかあればいいのよねぇ。)
(お茶かなぁ、って言ったら「ハルカのそれは趣味じゃないよ、中毒だよ。」ってラッセに言われた。)
(笑)
(お昼寝とぼーっとする以外の趣味を見つけよう・笑)
Advertisements