travel

☆ローカル列車でいく東日本&北海道キャンプ旅・その1☆

☆ローカル列車でいく東日本&北海道キャンプ旅・その1☆

 

 

 

電車出発3分前に「ご飯食べてくる〜」と消えたラッセ&すーちゃんに唖然としつつ
(ドや顔で電車に乗り込む二人)、福島に着きました!

 

 

人生初野宿は存外快適だった! 一路北を目指します!

 

 

 

※夜中の公園にぬぼーと沢山人がたっていて、すーちゃんと「なんかゾンビみたいやな、気持ち悪いな」と言ってたらラッセもゾンビってた!

 

 

※旅中できる限り、フルータリアンになろうと思ってます。福島は桃が五個いり150円、いちじくが大量に入って300円!

 

 

 

////////////////////////////////////

 

 

そうそう、ちょっと思ったことをば。

 

 

 

昨夜恐らく夜中1時を回った頃と思うけど、
私たちのテントに5、6人お客さんたちがいらして何事かと思ったら(私眠りかけてたから余計驚いたの)、
宗教の勧誘でした。

 

 


こんな夜更けまで仕事しないといけないのかとちょっとビックリしたのと、静かに眠らせてくれーと思ったのと。

 

 

 

幸せになるための宗教の勧誘と言ってたけど、
勧誘して人を呼び込むよりも、まず自分がお肌艶々顔ニマニマに幸せを生きるのが一番の勧誘になると思う。

 

 

 

 

福福と生きていたら、そうゆう人って気持ち良いから近寄りたくなるし、秘訣を知りたくなるじゃん?

むしろ自分が教祖さまになる勢いで自分イズムを生きたらいいよね!

 

 

 

 

煩悩即菩提という言葉が凄く好きなのだけど、
悟り・スピリチュアルエンライトメントにたどり着くのは宗教を通してのみならず、
滅茶苦茶煩悩のままに生きてもたどり着くと思うし、
それは自分の思い通りに、例え思い通りに行かずとも、生きてくことじゃないかなと思う!!

 

 

 

 

なんて偉そうなことを言ったが、一夜の野宿でグロッキー気味なモダンボーイ&ガール三人はスタバの快適さに沈没中。。。

 

 

 

北海道までたどり着くのだろうか。。。
熊さん見たいな〜♪

 

Advertisements