life / thoughts / travel

キャンプ旅の後記

アウトドア効果で自然に早朝に目が覚めてしまう! 旅の何が良いって、文字通り四六時中ひっついていられることだよね❤!     東京に引っ越してきてから旅らしい旅に出ていなかったけれど こうして旅に出て改めて思ったのは 旅に出ているときの方が息がしやすいというか 自然・ナチュラルな自分でいる。          あと、誰に何を言われようと やっぱり好きな人と一緒にいるのが好き♡   自然の美しさを好きな人と一緒に味わうのは 日常でありたい!!!            普通に家があって普通に暮らすことで どうしても譲れないものは何かなって、 旅をし続ける生活をするとしたら、失うものはあるだろうか? と、 旅の最中考えていたけれど        ・淹れたてのお茶を飲みたいときに 飲める環境にいないこと (またはトイレの考慮で思うままに飲めないとか)    ・あんまり服を持ち歩けないこと (普通に暮らすときに要る服と旅巡りの服が違う)      ことが気になる位で 後は全部ごそっと旅暮らしに取って変えてもいいなって思った。              つまり何がいいたいかと言うと、  お家を引き払って  旅を暮らしにしたい、流れることを日常にしたい!  ラッセと漂うように、カバン片手に世界中を旅して生きたい♡ Advertisements Continue reading

memo / travel

北海道&東日本 突発的弾丸キャンプ旅のお役立ちかもしれないおススメリスト♪

すーちゃんの「北海道の川辺でキャンプしたい」という想いを叶えるべく ・・・・・・前々日までほぼ何もしなかったラッセ&ハルカ(苦笑)たちが 2日間でどうにかこうにか準備をして、7日間の旅路を愉しんだ秘訣のリストを載せますね^^❤     お役に立つといいな~~♪♪♪       ※私たちはあんまりにも旅する際に 無計画過ぎるところがあるのですが 旅は、 あらかじめ ・交通手段は何で行くのか、 ・どこに行くのか、 ・そこに行くとしたら時間はどのくらいかかるのか は、最低限ざっくりとでも調べておいて 決めておくことをおススメします♪       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     1. 交通手段   座席指定などなく、時間も自由に決められるという点や、 7日間乗り放題という点から、JR東日本の 「北海道&東日本7日間フリーパス」を使いました。 →http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2233   新青森から新函館北斗間は、特急料金を払えば 新幹線に乗ることができます^^♪     ちなみに、函館までの最短ルートは   新宿→宇都宮→黒磯→郡山→福島→仙台→一関→盛岡→八戸→青森 →新青森→新函館北斗→函館   の様です^^♪     ※私たちが使ったチケットや青春18きっぷのような ローカル列車のみのチケットて、若者がメインなのかと思っていたら その逆で 退職されたシニア世代がメイン層で大人気だそうです!               2.キャンプ道具 … Continue reading

travel

キャンプ旅の番外編その3・お地蔵様力

ラッセのお地蔵さま力が素晴らしい☆       駐輪場にいれば 「おぅヒモにーちゃん、これ持ってきー」と袋いっぱいのトマトをもらい     雨の中佇んでいれば 「まぁ〜モデルさんか絵本から飛び出た妖精みたいだねぇ!アンタにはこれが似合うわよ♪これ持ってって使いなさい♪」とチェックにリボン柄・フリルの縁取りの着いた傘を渡され       駅にいれば 「お前ナイスガイやな〜これやるわ!」とビール&ツマミをもらい       昨夜は駅の乗り換え待ち時間にトイレに行き戻ってきたら、 「僕たち三人は恋人同士なんだ〜」と 隣り合わせの人達を混乱に陥れつつも酒盛りが始まっていて占いを披露していたお地蔵さまっぷり。           その立ってるだけで素敵なことがやってくるお地蔵さま力にて地元の方にアドバイス頂いて、 夜は出歩かない方がいいとのことで、今ソーラーパネルの下で書いてます苦笑           今日はどんなお地蔵さま力が発揮されるんだろう? よく晴れたから泳ぎたいな〜(*^.^*)! Continue reading

love / travel

キャンプ旅の番外編その2・のろけです❤

旅の途中だしこっそりのろけちゃお☆!       どこか行くときとかラッセどんは「ココに行くことになったけど(はるかも当然行くよね?)用意はどうしようか?」と、素敵な事後報告で、 時たま「ここ行こうと思ってる〜」とラッセが言って 私が「そうなんだ、楽しんできてね♪」というと、 「え、はるかも一緒に来るんだと思ったんだけど…一緒に行こうよぅ」 と子犬の様な目をして言うのです(*^.^*)       で、今も 「ちょっと車内で横になって眠ろうかな〜♪」と言うので 「席空いてるもんね、そうしなよ〜おやすみ♪」と言ったら 「え、はるかの膝枕で眠りたいんだけどなぁ…(^・ェ・)」と子犬の目MAXで言ってきたから、 きゅるるんとして(笑) ハルカちゃんも思わず席を移動して、 今すやすや眠るラッセどんの頭の上で書いているよ(笑)! (でも人が沢山乗ってきたらちゃんと座るラッセどん^^)         それにしてもラッセの愛嬌やすーちゃんの愛らしさパワーは半端ではない! 立ってるだけで皆に親切にしてもらったり笑いが起きるからハルカは羨ましいざます!!   愛嬌と愛らしさは最強ですな!! Continue reading

love / travel

キャンプ旅の番外編その1・男の子の心遣い♡

晴れたところでキャンプをするべく今猪苗代湖へ向かっています〜♪ 昨日は空調の聞いた椅子のある室内やふっかふかのお布団やお風呂や銭湯の有り難さをじわわ〜んと美にしみて感じた1日でした♪   函館は日本のヘルシンキorブラックプールだ♪   人も街ものんびりしてて好きになっちゃった、また来るのが楽しみo(^-^o)(o^-^)o       全然関係無いけど、男の子たちは、女の子と男の子として仲良くなるために、 それは沢山の研究や努力をしてくれているんだね!   男の子たちが貴女のためにあったかい飲み物やコートをかけてくれるその一つ一つの行動には、 涙ぐましく感動するほどの「女の子のために」が隠れているんだなぁと知って、じーーんとしました。       男の子たち(この際みんな”男の子”で)、いつも女の子たちのためにって、たっくさん気遣いしてくれてありがとう(*^.^*) 私はとても嬉しい〜\(^o^)/ Continue reading

travel

☆ローカル列車でいく東日本&北海道キャンプ旅その8☆

☆ローカル列車でいく東日本&北海道キャンプ旅その8☆     昨晩「山、湖、ビーチ。そこから見る日の出はさぞ美しいだろう」と、朝早起きの約束をして日の出を見ることに♪ 赤く空が染まり始め、ピンクから薄紫になり、オレンジの光が差して太陽が登ってくるのをゆっくりしながら眺めました(*^.^*)♪       夢は文字で書き出したり、視覚イメージとして描いたり貼ったりすると叶うというのは、皆ご存知のことだろうけど、本当にそうだよね!!       好きなブロガーさんがいて、その方が旦那さんとアウトドア旅をした際の記事の写真が美しくて、 「いいなぁ〜私もこんな風に愛する人と自然の中で美味しくゆったり時を過ごしたい♪」 と思って、 その記事で特に気に入った、   ・柔らかな日差しと緑の中でワインを嗜んでいる写真と、 ・キラキラ輝く湖面のそば・日差しで黄金色になびく夏草の浜辺で椅子に座って微睡んでいる写真を   プリントアウトして夢写真ファイルに入れてニマニマしていたのが一年前           …と、まさに同じ様な光景で同じ様に木陰でワイン片手にまったりバカンスをしている(*^.^*)♪         「人生で最も幸福で楽しかったときはいつ?」という質問、聞かれる度同じ答えをしている気がするけど、 今が最も楽しいなって思う♪     ポイントポイント滅茶楽しかった!って時はあったけど、今ほど鮮明にリアルに楽しく幸せなときってないじゃない?       さて、その後美しい猪苗代湖を後にし、関東・東京へ!     車窓の景色が北海道・東北の山々や古民家から、コンクリートの建物がびしりの都会へ・・・!         無事に帰宅したお祝いに、ラッセが 「日本のピザはイタリアのピザ以上に美味しい!!!!!」と豪語するドミノピザの 大きなピザを3人で間食して、 「food comaだ~~」って、皆でしばしグロッキーしました・笑       … Continue reading

travel

☆ローカル列車でいく東日本&北海道キャンプ旅その7☆

☆ローカル列車でいく東日本&北海道キャンプ旅その7☆     朝起きたら晴天の青空♪ 磐梯山が美しい~! 気温も高くなって自然散策が待ちきれない!       案内所で色々聞いて、猪苗代湖で湖水浴へ♪ (フィーリングで行き先を決める二人) (滝で泳ごうとしていたけれど、滝は聖なる場所として心や魂を清める場所=厳かな存在を感じる場所、という説明が興味深かった!)         バスの車窓からは煌めく湖水が見えたときは三人で「WOOOW」って声を上げちゃった!     ビーチについてからはラッセ&すーちゃんはキャンプ場所探しへ♪ キャンプて、地面が柔らかければそれで良いものと思ったけど、 そうではないらしく、砂浜はダメだし、何より 「ビーチは他のお客さんがレジャーを楽しむためだから邪魔になっちゃう」からダメと すーちゃんから聞いて、 キャンパーのルールがあるんだなぁと知りました!       そこで湖水浴エリアではないビーチの木陰にテントを張り、遅めの朝から夜までとってもゆったりした時間を過ごしたよ♪       カップラーメンを食べ、浜辺を散歩し、湖水で泳ぎ、音楽を聞き、昼寝し、赤ワインでゆるゆるする。。。。 これまでの旅でも、一番印象に残っているのって、こういったゆる~っとしている時間や、恋人や友人とひたすら沢山話をしている時間なんだよね(*^.^*)       きっとこの木陰でのワインのひとときも、この旅のハイライトのひとつだと、後で振り返っても思うんだろうな♪     (お酒が入るとパーソナルな話に花が咲く) (自分自身とは、みたいな話からグループの中で生きるのと自分らしく生きるののバランスの話や、自分も周りも自然な自分の在り方とか) (そして勿論恋愛話・男女話は盛り上がるよね♪)  (やっぱりラッセの恋愛話は面白い!&過去の恋愛を大切に語る姿に、一人一人・一つ一つを大切にする人だなぁと改めてきゅん♪) (それにしても、「年上恋人に可愛がられる」私たちが今一緒にいるというのも面白い!お互いに可愛がって可愛がられるのだ(*^.^*)!)       夜は私は近くのホテルに入浴しにいき、その間に二人が焚き火を用意していて、夜更けまで火を見つめて天の川の下、静かな夜を楽しみました♪   …それにしても夜中に起きたときの三日月が湖面に反射して輝く様の幽玄な美しさと言ったら! 時を忘れて濃青と金色の空間に佇んでいました(+.+)(-.-)(__)..zzZZ Continue reading