steps of life

お買いものへ行きました&ラッセのフェアさに改めて♡としました/専業主婦&主夫・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きているだけで生きていく観察日記/ブレストDay-10

昨日は写真撮影のドレスを求めて原宿へ!

 

「日本にないものはない!」と思っていましたが、「日本にないものはない!」でした。
(何でもある、じゃなくて、無いものもある、という意味で。)

 

ラッセと出かける前に
「私のお買いものはトレーニングと思ってね、10店位歩き回って結局1番初めのお店がよかった、
って、3キロ位歩いて戻ることもあるから」
って話していたのですが、その通りになりました笑

 

それにしても原宿って楽しいね^v^!

 

ちなみに、私のお買い物が当初の予定でしたが、
蓋を開けてみれば
ラッセのベスト&トラウザー、シューズ、シャツ、ベルト、ガウンといった
フォーマル&魔法使いセット一式と笑
ジョンレノンサングラス、ハリーポッターネックレスと
ほぼほぼラッセのお買い物になりました・笑!

 

大分買ったのにすごい安かった、原宿、いいね^v^!

 

 

 

 

夕方に帰宅してラッセ特製遅めのイングリッシュフュージョンランチを食べて
私が先にお風呂に入って、お肌のケアを入念にして早めに寝ました♪

 

 

・・・が、何やらラッセがごそごそしだしたかと思うと
キッチンでワカモーレを作り、隣で食べ始めたものだから
一緒に食べちゃった笑

 

 

 

それでね、
「ワカモーレすごく美味しいから、ワカモーレパーティを開いて
ラッセのルーン鑑定や私たちの体験したスピリチュアル体験に興味がある人を
集ったらいいじゃない?」

 

って提案したのね。

 

それからパーティ企画の話になったのだけど
ラッセがしたいパーティの内容と私の考えるのとでは
大いに違くて。

 

・・・・あぁ~、こうゆう気づきの内容って、誰かのを読んでいる分には
「へ~!そうなんだ!」だけど
自分のことを書くの恥ずかしいね、だって
いかに自分が
へたれで性格悪くて人間出来てないかが露わになっちゃうんだもん・笑

 

 

 

 

「そんなつまらないパーティなら僕は連名で開催したくない」とラッセ

「そんなマッシブなパーティ危険すぎ。
開催したら即刻強制退去になるし、フラットメイトは絶対イヤがると思う」と私。

 

 

でも一番の論点はそこじゃなかったんだ。

 

 

私は、ラッセが私の意見を聞いてくれていない・私の気持ちを大切にしてくれてないみたいに感じたこと
(ひいては、私のこと愛してない!(私の思い通りに)って時々思ってた、ということ)

 

ラッセは、私がラッセのことを元彼や今までの経験という色眼鏡を通して看ていて
ラッセ自身をちゃんと見ていないって感じたこと

だったのね。

 

 

 

 

・・・・も~、撮影前日なのに夜中にワカモーレタコスは食べるわ
朝方まで話し合うわで、全然理想的な前夜じゃないよね笑

 

 

 

い~っぱいいっぱい話し合ったよ。

 

 

自分でも気が付いてなかった自分の癖とか、いっぱいあるなって思った。

 

例えば、私がだんまりを決め込めば相手がオロオロってして
ちゃんと話し合いになるだろうって思ってたとことか。
(→そうならないから、「このまま翌日になるのはイヤ!」って思って
胸のつかえがお互いになくなるまで何度も話し合って)

 

 

例えば、相手の機嫌が悪そう・相手も胸になにかつかえているからって
とりあえず謝ろうってすることとか。
(→ラッセにはお見通し!
「僕の機嫌を良くするために謝るの?本当はそう思っても無いのに?
それこそ一番傷つく」って。)

 

 

 

 

ラッセとよ~~く話し合ってね

ラッセが私を、私が思う以上に大切に思ってくれていること

私が思う以上に、この関係をよりよくしよう・深めようってしれくれていたこと

私が思う以上に、このパートナーシップを特別に思ってくれていて全力で大切にしてくれていたこと

・・・・

漸く分かったんだ。

 

 

 

 

なんかね、どこか不安があったの。

私だけが先走ってるんじゃないかって。

でもそれは幻想だった。

(しいて言えば、一言で妄想を1000倍近く膨らませちゃう私の特技・笑)

 

 

 

ラッセは、地に足着けて、ちゃんと私のこと・私たちのことを見て

一歩一歩、ひとつひとつを

大切にしてくれていた。

 

 

 

 

何も見えていなかった(自分しか・自分の妄想しか・自分のメガネからしか見ていなかった)のは
私だったね><。

 

 

 

 

 

そんな私でも、
いつも私が理解するまで、
お互いに納得するまで
諦めずに
そこに腕を広げて
ずっといてくれること

 

ラッセの大きさと優しさに
改めて気が付いて
すごく
嬉しかった。
ありがたかった。
 

 

”私たちはパートナー
対等で
どんなときも
お互いに助け合い、協力し合い
お互いの意見や想いをよく聞き尊重し
お互いを敬いあって
2人で、パートナーシップを築いていこう”
 

何だか真面目くさいけれど、こんな話をして

 

「僕ら、同じページに戻ったね^^」

 

と確認して

 

 

仲直り❤ をして

 

抱っこちゃん人形みたいにぴったりくっついて眠りました^^
(やはりこの抱き合って眠る安堵感に勝るものはないよね^^)

 

 

 

 

 

 

・・・・・あ~~ん!

 

ラッセ好き好き~~!!!

幸せ~~~^v^!!!

 

 

 

 

夜中にワカモーレ&タコスに朝方まで話し合って起きていて
事実上では滅茶苦茶お肌に悪いことしてるけど
でもね、
すっごく、
精神的な満たされ感・幸福感は
とてつもないんだ^v^♡
本当に♪
(だから、お肌に影響はないはず!どころか更にぷりぷり肌になっているはず!)

 

 

 

 

 
ラッセの、地に足の着いたしっかりした考え方というか
ちゃんと物事の本質を分かっているところ、というのかな?
それから受け止める・待つ、器の大きさというのかな♪

 

すごいな!って改めて尊敬しちゃった!

 

というか、驚いちゃった!!

 

経験してきたことが違うからなのかな~、こんなに人間が出来ているのは?
ラッセはもしや、人間じゃないんじゃないか、新人類なんじゃないかって思ちゃう!
ホモサピエンスから、ホモなんたらの人類への移行が始まっているんじゃないかと!

 

最近の10代20代前半のひとたちに会うと、すごいな~!って
思ってばかりなんだけど、皆新人類なんじゃないかって思うよね!

 

あ、また妄想始まっちゃった!

 

 

 

 

 

そうそう、それからね。

 

ラッセの好きなところをもうひとつ。

 

夜中にワカモーレを作りだしたって書いたけど、 今朝冷蔵庫を開けたら
フラットメイト用の棚にも、たっぷりひとりひとりの分を分けて置いていたの。

 

 

「前に美味しくできたから、また皆にも食べてほしいなって思って」

「前の時は○○は仕事で遅くて食べられなかったから、彼にも食べてほしいなって思って」

 

って。

 

 

 

私国内外でシェアハウスに住んでいたけれど
こうしてわざわざ食べてもらうためにって
料理を作ってふるまう人、
(しかも仕事の遅い彼が食べられるようにって、わざわざその時間に合わせて)
会ったことないなぁって思ってね。

 

 

 

自分の好きなものは、自分の身の回りの人たちとシェアしたい

という心がすごく、素敵だなぁ~って思ったの^v^♪

 

 

 

 

今ね、私たち・というか私の口座に入っているお金をね

 

2人でシェアして使っているのだけど

 

ラッセは、私もラッセも皆も気持ちよくなるお金を遣い方をするから

 

安心して明け渡せるなって感じたよ^v^♡♡♡

 

 

 

 

これからどんな風に、面白くてクレイジーで

周りも巻き込んでハッピーに生きていけるか、、、

ラッセとなら何も心配ないなって、

改めて思った夜でした☆
 

 

 

 

<<今日の素敵な一瞬>>

 

 

・スイカとパスモをゲット! これで楽々改札通過♪

・原宿はひとつひとつのお店が楽しい~♪

・「外国人お断り・ファックユー!」と英語で書いてある竹下通りのお店を
見つけたラッセ氏。
→「炎上商法的な、逆を行く広告なんじゃない?」と言ったら
入り込んで行って店員さんにファックユーしてきてました、あひゃー・^^;;

・抹茶シュークリームアイスを食べた☆→ラッセ緑茶ファンじゃないの忘れてた^^;;

・ラッセのお買いもの、ついて回るだけで愉しい~♪
→私もすっごいイケメンに生まれたかった、いや、美女か。

・価格が安くて2人でハッスルしました~♪

・ラッセのスクランブルドエッグが最高!

・やはりシャワーよりお風呂に尽きる!

・ラッセの懐の大きさにきゅんとした夜中♡

Advertisements

One thought on “お買いものへ行きました&ラッセのフェアさに改めて♡としました/専業主婦&主夫・空飛び海越えるひきこもりカップルが地球規模でひたすらゆるゆるぐでぐで好きに生きているだけで生きていく観察日記/ブレストDay-10

  1. Pingback: 恐らく最初で最後の座談会ミニレポ❤なのでここに私が思うパートナーシップのツボを書きます♪ | Dance My Life

Comments are closed.