life / thoughts

4週目に突入の感。。。昨日「代行大募集♡」って書いてから、色々考えてたの。

今の状態で一番するのが怖い、と思うことって何かしらって。

お金がない! 引っ越しと改築資金用意せな!

って思ってるから、「やったことないことで自分の可能性を広げて且つお金を得る」って

思って、募集をかけたのだけど。

 

 

 

でもそれって、ある意味簡単なんじゃないかなって思い出したの。

今まで通り、

「何かをすることで≒何か役に立つことでお金を得る≒お金は何かの対価で得るもの」

って思ってるからなんだよね。

何にもしないでいることでお金をもらうことの方が
実は怖い、というか、、、 いい子でいたいんだよね。

その方が安心するというか、

少なくとも”頑張ろうとしている、努力していれば、応援してもらえる。”って。

 

 

 

 

 

 

怖いじゃない?

経済的にも社会的にも(非社会的なのに・笑)さ、

「何もしない」って。

お金全然ないし。 無職だし。

 

 

 

 

そのうえでしかも、

「何もしません。 でもお金ちょ~だい^^☆ パトロンになって^^☆」って

言うのって。

 

 

 

 

じゃ、ど~すんの?って? わからない。

けど、 それも、流れに任せる!

もし何か素敵なご縁がつながったら、それも愉しいし

のんびりまったりするならそれも愉しいし。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近fbとかで見る後者前者論とか読んでて思ったの。

「後者なのはわかったし後者らしく好きにいきてねというのも分かった」

「で、じゃあどうしたらいいの? 目の前のお金がないわ!」

「私もラッセものんびりんぼの後者で、旅とnfの好きな引きこもりだけど
こんなひきこもりスロースカップルは、どうやって生きていったらいいの?」

「それを書いて、それを~~~!!!」

 

みたいに思っていたのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、「はて。 なんで私は今、こんなに金金言ってるんだ?」

「今七千円強もあって、やんややんやと毎日煙たがられているけれど、実家でぬくぬくしてるし」

 

 

ここ数か月で多分一番お金があるけれど(苦笑)、

なんでここ数か月で一番、胃痛になるほどお金とか将来の心配してるんだろう?って。

 

 

それって、
「お金を得るには対価を支払わなくてはならない
=働かなくてはならない
=でも働きたくない
=自分らしくいられない空間・時間に自分を押し込まなくてはならない
=と、想像して苦しくなっている」

からなのよね。

 

 

 

今までなんかしらないけど生きてこれたのって、将来のこととか考えず
まぁどうにかなるんじゃない? それよりもこのお茶美味しい~♡
ってしてきたからというか。

 
現実的に考えたらなんで生きてこれたのか分からないけれど
でも生きてこれたし
逆に、「ちゃんと働かなくちゃ、ちゃんとしなくちゃ」って思って
働いてきたときは辛くて
心臓ズキーンってしたり、
息がつまって呼吸ができなくなったり
激やせしたり(←これは実はちょっとだけ嬉しい・笑 今ぽよぽよしてるから)
してて、しかも
じぇえんじぇええん、稼げなかった、カッツカツ!だったのね。

 

 

でも、
「一応働いている、一応収入がある」
という安心感があったのね、かりそめの安心感。
日本語違うかも。
ちょっとの嘘の安心感と、巨大な疲労感。

 

で、また「お金のため・将来のため」って思って働いても
たぶん同じ繰り返しだろうなって思うのよね。
ちょっとの嘘の安心感と「お金たまらんわ!」っていう
疲労困憊感。

 

 

 

 

20代最後の年は、思いっきり馬鹿なことをしよう、って思っているのだけどね。

だったら、どうせなら、

「お金ないくせに、何もしない勇気」

を選ぶのもありかなと、思っている次第。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

めっちゃ色々考えてたの。
心やさんのブログ・後者前者の話
の記事の、しゃもさんのおばあちゃんの話の部分。

これ、まさに私のおばあちゃんだし、私でもあるのね。

おばあちゃんは、自分が出来ないのを隠しもしなければ

むしろ
「おらぁ~できねぇししねぇから、おめーら、やれ。
あ?今帰ったばかりでできない?
いいからやっだよ、今!」
とか、
「おらぁそんな話きいてっど涙でてくっだ」
っておいおい泣いた0.2秒後には
「あ?」って泣き止んでるし(嘘泣き風リアル泣き!)

 

とか、

 
お母さんたちに責め立てられたら
「おらぁしらねぇ」
でいい通すし、

 

「あの耄碌ばばばぁ/強欲ばばぁ」
とかって言いたい放題・でも
人前ではかわいいおばあちゃんぶってるし

 

で、

 

昔はちょっとしたお嬢様だったから

勿論外で働いたりもほとんどせず

「行きたくないから行かない」って

さぼったり

「おらが鎌もってはたらいただど~?」って

さも大仕事の様に言ったり。

お嬢様生まれというのもあるかもだけど

おばあちゃん搭載ののソフトウェアが

お嬢様だから、周りもみんなそれで納得しちゃってるし

おじいちゃんも「あの時はばぁさんもがんばったよな」

なんて言ってるしで!

 

 

だからおばあちゃんみたいになりたい・生きてるだけで・存在しているだけで

愛されたい♡♡♡ってすごく憧れてたの。

 

誰に何と言われようが、主婦になりたいんだもん!

お婆ちゃんみたいに生きたいんだもん!みたいな。

 

 

私もソフトウェアおばあちゃんとほぼ同じなのに

「でも、こんなこと言ったら皆から嫌われちゃう」

「別に思ってもないけど、こんな時みんなはこうゆうことを言うのよね、
私も言った方がいいよね、そしたら好感度高いかしら。」

って、ふつう風な、社会的で常識的な発言や振る舞いをしようと

頑張ってみたり(最近、そんな自分がすごく気持ち悪いなって思ってるの・笑)

「頑張って努力している方が、好感度高いし、少なくとも嫌われないから」って

おもってる節もある。

 

 

 

要はね、

 
「私だっておばあちゃんと一緒でスーパー後者な人間、
ただ愛されるだけで思い通りに生きて生きたいよ~」

 

 

「でも、お金ちょ~だい、って言うの超怖い~!」

 

 

 

「というか、
『お金ちょ~だい』とか、
『働くのは私の仕事じゃありませんから』とか、
『のびのびゆるりとしているのが、わたくしの仕事ですの』とか、
言いたい放題&言わない&非常識・マイオウンルールで生きるとか、
『私は私よ。』って生きるのって、超怖い~!
だって、そんなこと言ったら
友達にギャースギャース言われて友達無くしそうだし
なんか、刺されそうじゃん!
家に火つけられそうじゃん!
変な手紙とか家に届きそうじゃん!」

と、いうことなの。

 

 

 

 

 

 

お金とか仕事は、つまり、ダミーみたいなもので

「私はこうゆう人間です」って

認めるのが怖いの!!!!!!

 

 

それで親しい人と仲たがいしたり、親しい人が去っていくのが怖いの!

(今実際そんな感じだけど、親と!)
(半分あきらめつつ半分どうにかしようとしつつみたいだけど!)
(はるかが働くの嫌いなのは十分承知なうえで)

 

普通に暮らして、普通に意見して、普通な私だったら
や、もうすでにあんまり普通じゃないけれど
そこまで
人の気持ちを全く汲まない・社交的に社会的じゃない=全て自分ルール
になったら
すごいバッシング&人がはなれていっちゃう気がしてたのね!

 

だからパリスヒルトンちゃんすごいな~って思うの。
ここに話が行き着いたかって?笑。

「私はこうゆう人なの」って、
それが全然大衆受けしなくても
それでも曲げずに
私パリス☆を歩いているじゃない?

ま、パリスちゃん的には
どんな意見もへのかっぱ・というか
パリスちゃんまで届かなそうだけど
それでもさ、
自分はこうなのって、
それが特に
一般受けしない在り方だったら
それ貫くのって
超~~~~~~肝っ玉座ってるんだろうなって思う。

 

 

(私パリスちゃんあったことも無いけど
パリスちゃんの魅力を語らせたら、多分15分くらい止まらないよ・笑!)

(パリスちゃん、仲良しの友達にはあんまりなれなそうな気がするな・笑
気が滅茶苦茶合いそうだけど、似た者同士と思うけど・笑)

 

まぁ、そうゆう訳で、

昨日の「お金ほしい! 何でも頑張るよ、何でもかもーん!!!」 から、

色々な思考が出てきて内観して

一番怖いのはむしろ、

「何もしないこと」で

怖いのは、

「お金どーすんの?」って経済的な怖さと

「自分を『こうゆう人です』って認める怖さ・表現する怖さ」

「と、それによって親しい人がいなくなるかもしれない、という妄想の与える恐怖感」

なんだなぁと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

あ、今おばあちゃんのこと思い出して書いてて思った。
ラッセの在り方にも通じるなぁ、
おばあちゃんが何であんな滅茶苦茶な(笑)感じでも
みんなから愛されるのかって、
それっておばあちゃんが100%、
いつもおばあちゃんだったからなんだよね。

偽らず、仮面かぶらず、おばあちゃんを貫き通す。

自分が自分であるなんて当たり前だから、
勿論自分を大事にしてて。
100%自分で、自分が好きなもの・したいこと・したくないことを
諦めない。
(諦めるとか、やりたくないことをする、という言葉はおばあちゃんの辞書にはなかったに違いない)

だから、あんなに理屈にかなってない感じでも、
皆に愛されてたのかもな~。

私いつもいつも
「愛されたい愛されたい×∞」って言ってたけど
その自分が自分を・本来の自分を偽って、
というか
「皆に受ける自分」に武装して&いちいち武装する行動を選んでた。
(言葉ひとつにしても、どうしたらよく思われるかなって考えてた)
(ま、皆さんにはそんなのとっくにばれてただろうけど)

おばあちゃん(やパリス)みたいに
「私はこうゆう人間です。だからこう接してね」って
はじめっからすっぱだかの自分でいれば
こんなに色々ぐだぐだ遠回り・4週もしなくて済んだのかもね!

さて。

さぁ、その恐怖を見つけたところで、どうしましょう!!!

最も現実的で理にかなっているのは

「アルバイトをする」。

(胃痛と心臓痛と激やせ再発が目に見えるが)

 

チャレンジングかつ現実的なのは

「自分をオープンにして色んなチャレンジをする」

(お金を自分で得る、頑張る、という面ではチャレンジング)

最も恐ろしいのは

「何もしない。のんびりする。
お茶飲んで自然を愛でイケメンを見てほっこりする、をする」

・・・・・・・さぁ、どうする?

Advertisements