thoughts / travel

<本編・2>「豊かさって何だろう?お金がなくてもゴージャスは実現できるのか?」 イベントに参加して思ったこと。

「豊かさって何だろう? お金がなくてもゴージャスは実現できるのか?」
のイベントに参加して思ったこと。

<本編・2>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「罪悪感を感じないことへの罪悪感」

 
その場にいつつも
また二人の世界にこもってた
と書いたけど、
聞くときは聞いていたの!!!

 

 
皆さんの胸に湧いてきた喜びのお金を
振り込んだ話を
皆さんがしていたときからね、
少しづつ
「あれ?」
って思い始めて。

 

 

私の受け取り方が、ってことなんだけど
「お金を払ってなかったら、楽しめないのかな?」
って思ったりして。

 

(なんか言葉足らずかも、あとでつけたすかも!)

 

 

 

 

 
ある参加者さんは
私たちと同じく
お家が無くて、ほぼ一文無しだったそうなのだけど
やっぱりイベントに参加したくて
「参加します!」って決めて。

その事情を知っていたひろこさんに
招待頂いたそうで
でも、
「それはひろこさんの本心じゃないんじゃないか」って
思って
お友達から借りたのだっけかな?
お振込をして参加した、という一連の流れを聞いたら
 

 

 

 
「え!!! 私そんな風に考えもしなかった!」

 
「普通はそんな風に考えるものなのか!」

 

 

「ひろこさんが『どうぞ』って仰ってくれたから、
『わぁ~い♡』
『ラッセ~、ひろこさんがね、私たちも来ていいって♡』
『またひろこさんに会える~♡、スーツ持ってきてよかったね~♡』
『ひろこさんや皆さんに甘えさせてもらおう~♡』

って
何にも考えずただただ喜んで来ちゃった!」

 

って思ってね。

 

 

 

 

そうしたら何だかいたたまれなくなって・・・
お金を払っていないけど罪悪感も感じていないし
ひろこさんがどうゆう思いで
私たちを呼んだのかとかも考えもしなかったし
うーん、
つまり
<一連のことに罪悪感を感じていない罪悪感>
みたいなものを感じてね。

 

 

 

それでラッセに今感じていることを話したの。

 

そうしたらね、

 

 

「罪悪感を感じない罪悪感とか、
そもそも罪悪感を感じる必要ないじゃない?

 

ハルカがこの場にいて罪悪感を感じていたら
それは呼んでくれたヒロコに対しても
お金を振り込んでくれた皆に対しても
失礼だよ。」

 

 

 

「ひろこがハルカを呼んだのはなんでだと思う?
ひろこだってこのイベントを利益のためにしてるんじゃない。
皆で楽しむためにしてるんでしょう?
ハルカを呼んだのは
ハルカがお金に変えられない何かを
ひろこに与えているからじゃない?
ハルカがこの場にいることが
価値があって
ヒロコが、ハルカと皆と楽しい時間を
過ごしたいから呼んだんでしょう?」

 

 

「ハルカがこの空間を思い切り楽しむ。
それが一番
ひろこや皆にとって嬉しいし、
望んでいることなんじゃないかな?」

 

 
って、ラッセに言われてね。

 

 

 

 

 
ああ~~~、そうか~~~って思ったの。

 

 

私ね、
いつも与えられる側というか
いっつも皆からもらってばかりだなぁ~
私は何も返せてないなぁ~
なにか返せているのかな?

って、思ったりしてたの。

 

 

 

ついさっきまで、
与えてくれる人の視点とか考えたこともなかったし
「どうぞ」ってくれたら
「わぁ~、ありがとう^v^!」って
もらっていたし。

 

 

 

( あとでね、ひろこさんから
お招きいただいた本当の理由、というのを
お聞きしたのだけど
それでも、
ひろこさんが私たちを呼んで下さったことに変わりないし
それで私たちが嬉しかったことにも変わりないし
その空間を本当に楽しめたことにも全く変わりなくて。
本当に、ひろこさん、ありがとう^v^!!!)

 

 

 

 

 

 

ラッセの言葉で
すごく目の前が晴れて
その後は
本当に
愉しく時間を過ごせたよ^v^!!!

 

 

う~~ん。改めてラッセ
色んな人生経験をしているなぁ、
いい男だなぁって
惚れ直しちゃった♡笑

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「豊かさとはなんだろう? みなちがってみなおなじ」

 

 

 

 

 

でね、実はね、私あまり
「豊かさって何だろう」ってあまり深く考えたことがなくて。

 

 

 

 
多分それは、私にとっての豊かさは
どんな生き方をしているか
精神的な豊かさ・心の安心感や安堵感
であって

(2つ前の記事に書いたかな?)

 

 

 

 

それさえあれば、
あとはオプション・おまけみたいなものだって思ってるし
何がどうなっても
なんだかんだどうにかなる!
って、
体感しているから

 

「まぁ、
どうにかなるから、いいんじゃない?
どうでも、どうなっても^^」
って思ってるの。

 

 

 

 

 
だから、さて何を話そう?って思ったのだけど、
皆さんの話を聞いていて
ああ、そうかって思ったの。

 

 

 
それはね、皆さんそれぞれ
色んな経験をされていらしたのだけど
それは本当に人それぞれなの!

 
だけどね、そこから感じたこと・学んだことは
一緒なんだな~~って。

 

 

 

 

 

よくラッセが
「山の頂上を目指して上るルートはいくらでもある」
って言うのだけど

 
まさにそれだな!
って思ったの。

 

 

 

・お金を失う恐怖に支配されているときが一番怖い
・お金がなくなっても、一文無しになっても何とかなる
・というか、何だかんんだ生きていける
・それは、人が助けてくれるから
・人は、困った人を見たら助けたくなるから
・怖くて動けないときは、一度一文無しになってみるといい
・開き直って恐怖がなくなるから
・「で、どうする?」になるから
・本当に欲しいものや心が望むものを望んで進むなら、死なない
・死なないし、お金そのものでなくとも、
必要な人やもの、情報というかたちで回ってくる

などなどなど・・・・・。

 

 

 

 
ラッセとね
「なんか、皆それぞれの経験だけど、言っていることは同じだね」
「色んな経験を通して、同じものを学んでいくんだね」
「神様って優しいね」
って話していたの。

 

 

 

 

 
そしたらラッセがね、

 

「助けてって言えば大体助けてくれるし、
お金なくても生きていけるし
良い気持ちを載せて使えばいい形で返ってくる。
それって、すごく当たり前のことじゃない?」

 

 

 

 

 
聞いたらラッセ、

 

「まぁ、大体そんな感じの話になるんだろうなって思ってたし、
日本語抜きにして皆の話している顔みてて、
その話をしているんだなってわかった」
だって。

 

 

 

 

 
ぴよ~~~~!!!!

どんなイベントになるのか・
どんなメインの話になるのか
わかってた上で

「うん、いくいく~♪」

って楽しみにしてくれて一緒に来てくれて

 

 

「着飾るのも楽しいね~♪」って

その場を楽しもうとしてくれてただなんて!!!

 

 

 

改めて、、、、
ラッセの懐の大きさというか
優しさというか
何でもまるっと、一緒に楽しんでくれるところに
感動☆☆☆!!!
やっぱりいい男だわ><><!!!

 

って思いました^v^^v^^v^♡♡♡♡♡
 

 

はぁ~~~、長い!!!!
とにかくね、本当に

このイベントに参加してよかった~~~って思うの^^!!!

 

 

 

 
ラッセとまたより深く知り合えた気がするし
自分自身に色んな気づきがあったし
何より、すっごく愉しくて幸福だったから♡♡

 

 

 

 

 
このイベントを創って下さったみなさん、

本当にどうもありがとうございました^0^^0^^0^!!!!

あとね、後編も書きたかったのだけど、

思い出したらまた書くね!!!

 

 

 
次からは、ラッセのルーン鑑定で感じたことや

ラッセと話した文化の違いや

とりとめもない話などを書いていくよ!!

 
では!

Advertisements