love / thoughts

キャンセルになった緊縛ワークショップ②/JBD workshop.2

全くライトにまとまっていなくて、続き! 緊縛ワークショップがキャンセルになって凹んでいるので、 フライングで経緯などなどを書いています(^^♪ そうゆうのが苦手な人&スーパー長文なので目が強くない人はスルーしてね☆彡 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、そうこうしているうちに色んな男性とデートしつつ お付き合いしつつ、別れつつ、また出会いつつ、などなどして その後しばらく緊縛や夫妻のことも頭の隅にいっていたころ、、、 哲学/ニーチェラブのセクソロジースクールに通う彼と知り合い セクシュアリティや男女関係等々の話をしてくうちに リレーションシップ→ 愛の表現→ フィジカルに?→ タンゴとかタントラとか、、、→ 緊縛もだよね、 という話になり、久々に彼女に連絡をしたところ、 タイミングよく欧州ツアーから戻ってきていて &新しいラウンジをオープンしたところで 緊縛を知らない人・興味がある人への オープンイントロダクションセミナーをするよ、との事だったので 彼と一緒にセミナーへ‼‼ そこで彼女と旦那さんが話していたことは、出会った日に彼女と意気投合した話題などなど含めて盛りだくさん、、、例えば、 ・男女平等のおかげで、現代西洋女性は強くなりすぎてしまった。 ・男性の様に働き、男性と同じ地位を持ち、と、何でも手に入れられるようになり、何でも自分でできるようになった。 ・だが、「何かが足りない・何かを失ってしまった」と感じる女性の多さ。 ・「女性らしさ」や、自分が女性であることが感じられない女性の多さ。 ・外見は美しくセクシーにできても、女である自分というものが分からない。 ・”女性の皮をかぶった男性”あるいは・・・ ・男性が自分が男性であること、男性らしさを感じられない ・徐々に自分が男性としてリレーションシップにいる意味が分からなくなる ・徐々に、自分はなぜこのひとと一緒にいるのか分からなくなる・無価値観 ・僕は彼女にとって、スイーツでしかない。 などなどと言う声・・・ ・夫婦関係が悪くなっても、なぜなのか分からない。 ・皆、頭の中に「だけ」とどまっているから。 ・お互いの性を尊重し合えない・あるいは認識しあえていないから ・特に女性が、初めて緊縛を見たときに泣く ・これ、私が求めていたものだ、と無意識に気が付く ・全信頼を寄せ、全てを委ね切り、官能に浸り表現する女性 ・強さと責任で安全と安心の空間を創り出す男性 ・元々は日本でtourture や富商人たちの趣味などとして始まったが、現在欧州で広まっている緊縛はその要素はなく、パフォーマンスとして親しまれており、スポーティでアーティである ・十人十色の緊縛。全ての緊縛それぞれが、全て違う。 縛る人・縛られる人が違えば、それだけの美しい縛りがある。 (それを見届ける楽しさ!) カップルセラピストとしての時は、クライアントに勧めたりはしないけど リレーションシップの色んな”問題”の根源にある女性性・男性性のアンバランスさや、そこから表出されるさまざまな精神的だったりあるいは経済的な”問題”をも、 時に緊縛というフィジカルなアプローチによって解消出来たりするそうで、 実際に、仲がsosoだった夫婦で緊縛に参加するようになってから、 すごくラブラブ情熱夫婦に戻ったりとかしてるそう‼‼ ・・・・・あと、何だったっけかな? 印象に残っているのは、彼女と出会った時からだけど、 彼女が旦那さんのことを本当にすごく大好きで尊敬しているのが 話す節々から伝わってくること (だって、旦那さんの話するとき目がキラキラ✨) … Continue reading

love / thoughts

キャンセルになった緊縛ワークショップ①JBD workshop:1

明日は待ちに待った緊縛ワークショップ!みっちり6時間! ・・・の、はずが、急遽キャンセルになってしまったーーー(´;ω;`) 自分が体験したら、その時に書こうと思ってたけど、次の初心者用フルワークショップがまだいつか未定なので、書いちゃえ‼‼ フライングー! ・・・何それ、なんか苦手、という人はスルーしてね🎶 ・・・・・・・・・・・・・・ うわぁお、気が付いたらほぼちょうど1年前だ出逢ったの、ぴやー何たる偶然! 「ジャパニーズボンデ⁻ジをしている人がいる」と、元彼から紹介されて出会った友人とは、出逢ったその日・その場で意気投合。 デンマーク人だけど、か細くて繊細な気遣いのたおやかな、どこか日本人ぽさも感じさせるフェミニンな女性。  カップルセラピスト(リレーションシップカウンセラー、というのかしら)をしている彼女とは、恋愛や結婚など男女関係の話で盛り上がって、確か3つ用意していたティーポットがすぐに無くなって・笑 そこで彼女が言っていた、現代西洋女性のジレンマと、緊縛のアプローチによるそのジレンマの解放。 精神的な滞りをフィジカルなアプローチによってダイレクトに解消し、相手との関係を再び温め合っていく、というのが聞いていてすごく興味が沸いて。 その後ちょうど彼女と旦那さんがオープンした緊縛のラウンジの1周年パーティがあったので、色々教えてくれた彼女にまた会いたい&実際にどんなものか見てみたいと思ってパーティへ✺ 日本の血を引く人たち、日本語を話す人たち、日本のポップカルチャーにも詳しい人たちとか、いろんな人との出会いを楽しみつつ、シャンパンにダークブラウニーをうめぇうめぇと頬張りつつ、友人と会ってきゃいきゃい女子しつつ、友人の旦那さんに初めて挨拶しつつ、ラウンジへ行くと、友人と旦那さんの緊縛が始まって・・・ 圧倒された!!! 2人で作り上げるパフォーミングアート💛の美しさに! 彼女の美しさに 言葉が出なかった‼‼ 本当にね、パフォーミングアートだよ‼‼ そして羨ましかった! 旦那さんが絶えず彼女に送る優しい視線や 縄を伝って&直に触れる際の 旦那さんの優しく柔らかなタッチが! それに応える彼女の官能的な姿が!   一糸まとわぬ姿になったときの 3人のお子達を宿し育て上げてきた 時間と痕跡の残る彼女の体を見て さらに、なんて美しいんだろうって思った! すっっっごく羨ましかった‼‼ (その時元元彼と大変な真っ最中だったから、私には2人みたいになれるのか、私が彼女の様な、女性の、美しい体になる機会に恵まれるのか、と思ったりしてね。) ・・・本当はもっといろいろ感じたことをズゴゴゴと書きたいのだけど、止まらなくなって凄い長文になっちゃいそうなので、ライトにまとめるのだ! その夜はとにかく、緊縛、なのか、 彼女の美しさなのか(作りこむ美しさでなく、彼女が過ごしてきた素晴らしい誇らしい時間が表出された一糸まとわぬそのままの美しさ) 夫妻の愛に触れたからなのか、 とにかく感動で胸いっぱいで、 「私も、素敵なパートナーが出来たときに、二人で築き上げる the art of lifeのひとつとして、緊縛にもチャレンジしてみたいな」と思った。 その後しばらく、元元彼とか元彼とかお手伝いさんとかフラットメイトとか セラピストさんたちに 超うらやまーうらやまー! 私もあんな風になりたい、 彼女みたいに愛されたい 彼女みたいに愛したい 愛し愛され関係を歴史を 築いていきたいのーー‼‼ ぎゃ~~んわお~~んって 泣きついていたなぁ。   Continue reading

life / love / thoughts

美しい詩を発見/beautiful poem around the corner

インターナショナルブックショップに素敵な詩が書いてあったのを、ざっくり和訳♥:: 「もし自分自身や人生に悩んだら~~ この空の下、この街角に生きる目の前を過ぎゆくイケメンを 『まぁ、なんて麗しいイケメンなの♡ 神様の至高の芸術作品ね♡祝福された生き物ね♡ 生きていてくれてありがとう♡♡』と眼福しなさい。 ほら、とっても幸せで満たされた気持ちになるでしょう?」 ・・・・なんと言い得て妙(^_-)-☆☆彡‼‼‼ イケメンを拝んでるときは幸せしかないもんね♡ イケメンがいればオールオッケー♡ 生きる源・エネルゲン☆彡 ということですな! 冷えてくるとお外・お出かけ先でもお茶が恋しい♡ お茶が愉しめる空間って多くないから また新しいお茶買っちゃった^v^♡ ティールームやティーハウス、もっと増えて欲しいな♡ お茶愛好家のお友達や集いのための、 もっと気軽にお茶をみんなが楽しめる、お茶の空間♡♡♡ Do you have doubts about life? Are you unsure if it is really worth the trouble? Look at the sky: that is for you. Look at each person’s face as you pass them on the street: those faces … Continue reading